Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

作品集&お客様の声

仰木の庭 ~プライベートチャペルのある家~

  • リフォーム
  • 費用目安:500万円~

ビフォー&アフターの匠としても有名な建築家、関谷昌人先生からご紹介いただいたお客様。

滋賀県、仰木の高台にある古い日本建築二戸建のリノベーションです。

 

春にはしだれ桜の花見酒

ツツジの紫花の誘惑に唄うシジュウガラ

夏には湖畔の夜空の饗宴

秋には赤松越しのヨットの帆景

 

そんなモチーフで、比良の里山と琵琶湖の借景をイメージしてご提案させていただきました。

 

関谷先生、施主様との打ち合わせでは、建物の改修工事で発生した古瓦、空き地の盛り土から出た「地元比良山系の石」を利用してほしいとのご要望があり、アプローチ部分や景石として利用させていただくことに。

 

また、まだ利用可能な井戸がありましたので、その水をアプローチにそって流し、せせらぎのある庭をご提案しましたが、敷地を自由に使える、機能本位にしたいとのご要望を優先し、アプローチは歩きやすく変更、井戸の水は一角に設けた家庭菜園で採れた野菜などを洗うスペースに引き込んだ本プランに落ち着きました。

 

琵琶湖を望む高台に建つ古民家の母屋を住まいに、その隣に建つ納屋をプライベートチャペルへと改修した。

外構はもともと敷地内にあった石と瓦でつくったアプローチの小径で二つの建物を繋いでいる。

(新建築住宅特集9月号より)

ギャラリー

井戸のある半戸外スペースを通って、母屋(右)とプライベートチャペル(左)を行き来する。

比良の里山と琵琶湖の借景

BEFORE

AFTER

控えめなライティングが夜の庭も美しく演出します

新建築「住宅特集」9月号に掲載されました。

特集:職住一体のススメ ~プライベートチャペルのある家~

プランナー

  • Masahisa Tazaki

ご提案図面

友達を追加