Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

スタッフブログ

2018.11.20

スバル360

Comment 0

スバル360

 

 

 

 

朝晩がめっきり寒くなってきましたね。

 

体調管理に気をつけたいと思っています。

 

よく通る道沿いのお宅のガレージに、懐かしい車が止まっているのを時々見かけます。

 

富士重工のスバル360です。

止まっていないときも有るということは、まだ現役で乗っていられるのだなあと思っていつも見ていますが、

 

大切にされているのかシートがかけられていてなかなかその姿を見る事が出来ません。

現在の軽四のナンバープレートは黄色ですが、昔の軽四用で小さなサイズのままです。

 

356CC、2サイクル2気筒で空冷式エンジン、昭和30年代から40年代前半にかけての車です。

 

フォルクスワーゲンのカブト虫に対して、てんとう虫の愛称で呼ばれていました。

 

今の軽自動車は1000ccクラスの車と大きさはさほどかわりませんが、今の軽よりかなり小さいサイズでした。(まさにてんとう虫です)

 

当時は軽四輪免許(360cc迄)があり、16歳で取れました。

 

私の高校時代、免許制度が大幅に変わった時で、この時軽四輪免許がなくなりました。

 

路上検定が無い時代ですので、教習所に行かずに駆け込みで免許を取りに行く人達がたくさんいました。

 

この時から仮免許制度ができ、路上教習が実施されるようになりました。(本検定はまだ教習所内のコースで行われていました)

 

バイクの免許も第一種原付(50cc未満)、第二種原付(125cc未満)、軽二輪(250cc未満)、自動二輪とあり、自動二輪免許で軽四が乗れ、

 

軽四免許、普通免許で軽二輪まで乗れ、50ccでも2人乗りができヘルメット着用規定もない時代でした。

 

バイクの免許も原付免許(50cc未満)と自動二輪の2種類に統合されてしまいました。

 

大胆な変更だなあと思っていましたが、その後何回か改定され今は昔とよく似た区分けに戻っていますね。

 

その後AT免許や中型免許が出来、去年には準中型免許ができたそうですね。

 

普通免許で2t車が乗れなくなった為、高卒で就職した人達が仕事で乗れるような措置とか・・・・

 

話が脱線してしまいましたが、昔を懐かしむ団塊シニアでした。

 

 

 

 

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です