Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

スタッフブログ

2020.03.22

涅槃石像

Comment 0

京都市西京区の施工現場の近くにて、寺院の門前でまたもや二度見してしまう不思議な石像がありました。

思わず写真を撮ったのですが、後で調べてみると涅槃仏(ねはんぶつ)呼ばれていることが分かりました。

涅槃仏とは、釈迦が入滅する様子を仏像としてあらわしたものとあります。

 

寝仏、寝釈迦像、涅槃像とも呼ばれ、主にタイの寺院などで見ることが出来、足の裏には宇宙観を示す文様などが描かれているそうです。

 

見慣れない不思議な物には驚きます。

 

工事部  大田

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です