Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

スタッフブログ

2019.11.26

焚き火

Comment 0

最近、二輪免許がとれたので念願のキャンプツーリングのはまっている今日この頃です。

 

 

キャンプでしたいことの一つがキャンプファイヤーです。

 

 

冷えた夜の空気にパチパチと薪がはぜる音と揺らめく炎・・・

 

 

非現実を味わえるだけでなく、見ていると心がリラックスして落ち着いた気持ちになれます。

キャンプファイヤーをしたことがある方はご存じだと思いますがどんな木でもよいのではなく、燃えやすい木とそうでない木があります。

 

 

山間部だと拾い集めた木を燃やしたくなりますが夜露で濡れていたりしているので事前にある程度準備しておくほうが良いと思います☝

火起こしには杉、香りがよいヒノキ、松

ケヤキやクヌギ、コナラ、白樺、樫、桜

などは燃焼力が長く熱量が多いので焚き付け用の薪で火を起こした後、いきなり太い薪を投入してしまうと火が消えてしまうため細いものから中くらい、最後に太い薪へと徐々に投入していきます。

今回はスウェーデントーチにも挑戦してみました!

スウェーデントーチとは丸太や角材に切り込みを入れてそこに着火剤を入れてそのまま燃やします。

 

 

焚火とはまた違う趣があり、そのままコンロにもなるので魅力的です。
この上で銀杏を焼いてみました(^^)

 

 

この日のメニューは近くで獲れたのどぐろと地鶏とキムチ鍋と熱燗!!!

少し手間がかかりますが、いろいろ考えたり準備したりすることも楽しいのがキャンプの醍醐味。

先日実家が樫の木を剪定したので、調べてみたら薪の王様と呼ばれるほど火の持ちがよいとのこと!

 

 

キャンプ場では一束500円くらいで売っているのですが、無料でたくさん仕入れられたので、これから冬キャンを安全に楽しみたいと思います!

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です