Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

お得な工事パック

製品最大60%OFF!工事とセットで大幅割引!

関西エリア限定!人気商品、大幅割引商品が盛りだくさん♪工事費コミコミお得なパックです。
表示の施工費はあくまでも単品購入時の価格。複数購入でさらに値引きできる商品も!お気軽にお問い合わせください!

※表示の価格は一般的な立地、土地条件下での参考価格となります。敷地状況、周辺環境などにより変動する場合がございます。
また仮設工事、土工事費用などが別途必要となる場合がございます。

  • お庭まわり
  • ウッドデッキ

人気ランキング

ウッドデッキの役割と機能

新築や庭にスペースがある場合に検討されるのがウッドデッキです。

ウッドデッキは屋外のフリースペースとして便利ですし、憧れを持つ方も多いです。ただし、深く考えずに設置してしまうと、使用頻度が少なく使わなくなってしまうことも少なくありません。このようなことを避けるためにはどういった用途で使うことが出来るのかを把握しておくことが大切です。

ここではウッドデッキを設置するメリットをご紹介していきます。詳しく説明しますの、是非参考にしてください。

■ウッドデッキのメリット

▼家の庭でアウトドア体験が出来る

よくある用途としては外でのバーベキューなどのアウトドア体験でしょう。
バーベキューの材料や器具を持っていくことなく自宅の庭で手軽にアウトドアが楽しめるのです。
木製のチェアやテーブルなどを持ち込んで、庭に本格的なアウトドア空間を作って楽しむことも出来ます。

▼敷地を有効活用できる

趣味のガーデニング、洗濯などの生活スペースの確保に加え、子供やペットが遊べる空間作りなどがあります。

庭の敷地は限られていますから、どんなものでも置けるわけではありません。
つまり、ガーデニングや洗濯なら水場や用具置き場、物干しざおなどの設置が必要になりますし、子供やペットの遊び場なら遊具を置くスペースなどが欲しくなる場合があります。
そういった必要なものを揃え、敷地を有効活用しましょう。

▼敷地と外を仕切る

屋根や柵といった設備を設け、家が直接外部と近くなる事を緩和することが可能です。
その場合は事前にどのような状況で利用したいかを考えておきましょう。
プライバシーを確保したい場合や日光などを遮りたい場合と、開放感や景色を重視する場合とでは選ぶタイプが変わってきますから、設置する前から考えておく必要があります。

設置前にイメージを固めておき、ウッドデッキにどんなメリットがあるのかをよく考えることで、後悔なく選ぶことができます。
もし、迷ったり、イメージが固まらなかったりする場合は、一度プロの方にイメージを伝え、アドバイスを受けることも方法の一つです。

■ウッドデッキ素材の選び方

ウッドデッキをエクステリアとして導入するときにはウッドデッキを構成する素材の特性を理解してウッドデッキを選びましょう。
ウッドデッキの性能は素材によって大きく変わります。
素材となる木材は種類が幅広く、それぞれ特性が分かれています。
性能は加工や技術的な面を除けば素材となる木材の性質が色濃く出てくるため、素材の特性を把握し、メリット、デメリットを理解してから選ぶ必要があります。

▼ソフトウッドデッキ

基本的に木材の種類は、特性から大きく分類してソフトとハードに分かれています。

ソフトは木がやわらかく加工しやすくなっており、種類によっては手持ちのこぎりなどで切ることができるため、DIYが目的の方には向いている素材です。
ただ、水を吸収しやすく、腐りやすい性質があり、腐ることでシロアリなどの害虫の被害に遭いやすいため、定期的なメンテナンスが求められます。

▼ハードウッドデッキ

一方ハードは素材の密度が高いことから衝撃や水に強く腐りにくいので、害虫にも強い素材です。
そのためメンテナンスの必要があまりなく、木材によっては20年以上メンテナンスをしなくても使用できるものもあります。

しかし導入コストが高く素材が固いため、切断などの加工が難しいことから自分でカスタマイズするのには向いていない素材です。
こういったデメリットは解決することも可能です。
例えばハードはコストを抑えつつも丈夫であるものや多少なら加工できるものもありますし、ソフトも屋根などを付けたり、腐敗しやすい場所をハード素材に変えたりするなどの対策を行うことで理想に近づけることができます。

このように、メリットやデメリットはありますが、さまざまな需要に合わせたものが販売されていますので、選ぶ際は自分の目的をしっかりと持ち、理想に近いと思える素材選びが重要になります。

■ウッドデッキのデザインについて

▼ウッドデッキのデザインとは

ウッドデッキのデザインはその木材が持つ特性がデザインになります。
快適な空間を作り出すうえで、性能に加えて、デザインも大切です。
ここを怠ると、後々にデザインが家と合っていない、思っていたものと違うといったことになってしまいます。
このような失敗を回避するためには、木材が持つデザインを知っておく必要があります。

▼見た目

まず、木材の見た目の特性として、赤、黄、黒などの色味が強いものや、特有の模様を持つものなどそれぞれに特徴があります。
例えば、ウリンという素材だと、機能性の高さに加え、デザインが優れています。
特徴としてはしっかりとした木目と深い赤褐色を基調としたデザインであり、月日が経つと深いこげ茶色へと変化することから、人気のある素材となっています。
木材はこのウリンのように、その時のデザインだけではなく、月日が経つことで変化する場合があります。
そのため、決める際は本来のデザインと、その後の変化の有無を考慮してから選びましょう。

▼塗装

気に入るデザインがない場合は塗装するという方法もあります。
塗装をするメリットとしては、さまざまな色を使えるため、木材にはないようなデザインを表現できます。
さらに、耐久性も向上します。
塗料には浸透タイプというものもあり、木材の素材感を残して耐久性を上げることもできます。
半浸透タイプなら素材感を残しながら傷んでいる部分を隠す効果もあり、景観を保ちつつ長く使っていけます。
注意点として、塗料によっては臭いが強いものや肌荒れの恐れがありますから、人肌に触れる点を考慮しておき、安全性には十分に配慮して選ぶ必要があります。

ウッドデッキの塗装をきれいに仕上げる方法

ハードウッドやソフトウッドなどの天然木材は、防虫や防腐のために塗装によるメンテナンスを行うのがおすすめです。
自分でも手軽にできる塗装の仕方を把握し、ポイントを押さえてやってみましょう。
準備するものは、雨水が木材に染み込まないように撥水効果があり、通気性も良いオイルステインという塗料です。
そして軍手と刷毛を用意し、木材を削って滑らかにするためのサンドペーパーと雑巾を用意しましょう。
ビニールとマスキングをするためのテープ、塗料を入れる洗面器や小さめのバケツなども必要となります。

まずは、ウッドデッキのザラザラになった木材を平らに、滑らかにするためにサンドペーパーで木材を擦ります。
木の粉やかすは、雑巾で拭いてきれいにしておきましょう。
次にマスキングを行います。
塗料が家の壁などにつかないように防護するためです。
ビニールをテープで貼って、塗料がかかりそうなところをマスキングします。

マスキングができたらオイルステインを容器に開けて、端の方から木目に沿って一定方向に塗っていきます。
一度塗ったところを繰り返して重ね塗りすると色むらができてしまうので注意をしましょう。
塗り残しがないように表面をチェックして、でこぼこがある場合はサンドペーパーで平らにします。
半日ほどそのまま自然乾燥させたら2回目の塗装を行います。
色が濃い部分ができたら、雑巾などで拭きとって色のバランスをチェックします。

ソフトウッドの場合、塗装しても数年でデッキがボロボロになる可能性があります。
そうなると塗装では不十分なので木材を取り外して、再び貼りなおす必要が出てきます。
木材自体の劣化が激しい場合や、塗装が上手くいかない場合は、専門の業者に依頼すれば簡単に直せます。

■ウッドデッキの作り

▼5つの部材で構成されているウッドデッキの基礎

ウッドデッキは大きく分けると基礎部分、床板、フェンスなどの付属部分の3つの構造に分けることができ、それぞれ複数の部材から成り立っています。

床材は、ウッドデッキの顔となる部分であり、面材、平板と呼ばれることもあります。
文字通りウッドデッキの床、つまり人の足場となる部分でこの面積の広さによって利用範囲が異なります。

基礎部分にある部材は5つで、1つ目は束柱です。
直接床材を支えている柱で、基礎の中でも重要なものとなります。
束柱の本数などは、床材の広さやそこに乗る人や物の全体重量を考慮して決められます。

2つ目は、基礎石です。
束柱の下に置くコンクリートの石を指します。
平たい形状や束柱と基礎石をねじなどでとめられるようになっている羽子板付きのものなど、さまざまな形状が存在しています。
この基礎石自体が水平に設置されていなければ他の部材も傾いてしまう恐れがあるため、設置する際は器具などを用いてきちんと水平かを確認する必要があります。

3つ目は床材の真下にあり、床材とクロスするような形で設置する根太です。
4つ目は、束柱と根太の間に敷かれる大引きです。
それぞれの向きは異なりますが、上から床材、根太、大引きと重なっていくイメージです。
大引きは床材と根太を支える必要がありますので、根太よりも太くて頑丈な素材を使用します。
最後は、根がらみです。
束柱をつなぐように設置し、揺れなどを防ぐ役割を担っています。

▼付属部分であるフェンスの部材

ウッドデッキは単体で使用されることもありますが、床板からの落下を防止するためや目隠しのためにフェンスなどの付属部分を取り付けることも多いです。
フェンスにはいろいろな種類があるので、それによって必要となる部材も変わってきますが、大体のフェンスにフェンス支柱、笠木、フェンスの3つがあります。

フェンス支柱は、ウッドデッキでいう束柱と同じような部材です。
フェンスが倒れないように支える役割もあるので、非常に重要となっています。
また、柱としての役割が果たせるように、フェンスの材木よりも太めのものを選びましょう。

フェンスの一番上に取り付ける板のことを、笠木と言い、雨に一番当たりやすい部材であるとも言えます。
ウッドデッキに取り付けるフェンスは一体感を出すためにウッドデッキと同じ素材が使われる場合が多いですが、このことを考えると、ウッドデッキ全体に雨に強く、腐りにくい木材を使用するか、笠木だけ別の素材を使用するかになってきます。
他にも、笠木は支柱をまたがってフェンス自体の上部を一枚の板でつなぐので、支柱だけのときよりもぐらつきなどを抑え、強度を増してくれます。

ウッドデッキの役割と機能

新築や庭にスペースがある場合に検討されるのがウッドデッキです。

ウッドデッキは屋外のフリースペースとして便利ですし、憧れを持つ方も多いです。ただし、深く考えずに設置してしまうと、使用頻度が少なく使わなくなってしまうことも少なくありません。このようなことを避けるためにはどういった用途で使うことが出来るのかを把握しておくことが大切です。

ここではウッドデッキを設置するメリットをご紹介していきます。詳しく説明しますの、是非参考にしてください。

■ウッドデッキのメリット

▼家の庭でアウトドア体験が出来る

よくある用途としては外でのバーベキューなどのアウトドア体験でしょう。
バーベキューの材料や器具を持っていくことなく自宅の庭で手軽にアウトドアが楽しめるのです。
木製のチェアやテーブルなどを持ち込んで、庭に本格的なアウトドア空間を作って楽しむことも出来ます。

▼敷地を有効活用できる

趣味のガーデニング、洗濯などの生活スペースの確保に加え、子供やペットが遊べる空間作りなどがあります。
庭の敷地は限られていますから、どんなものでも置けるわけではありません。
つまり、ガーデニングや洗濯なら水場や用具置き場、物干しざおなどの設置が必要になりますし、子供やペットの遊び場なら遊具を置くスペースなどが欲しくなる場合があります。
そういった必要なものを揃え、敷地を有効活用しましょう。

▼敷地と外を仕切る

屋根や柵といった設備を設け、家が直接外部と近くなる事を緩和することが可能です。
その場合は事前にどのような状況で利用したいかを考えておきましょう。
プライバシーを確保したい場合や日光などを遮りたい場合と、開放感や景色を重視する場合とでは選ぶタイプが変わってきますから、設置する前から考えておく必要があります。 設置前にイメージを固めておき、ウッドデッキにどんなメリットがあるのかをよく考えることで、後悔なく選ぶことができます。
もし、迷ったり、イメージが固まらなかったりする場合は、一度プロの方にイメージを伝え、アドバイスを受けることも方法の一つです。

■ウッドデッキ素材の選び方

ウッドデッキをエクステリアとして導入するときにはウッドデッキを構成する素材の特性を理解してウッドデッキを選びましょう。
ウッドデッキの性能は素材によって大きく変わります。
素材となる木材は種類が幅広く、それぞれ特性が分かれています。
性能は加工や技術的な面を除けば素材となる木材の性質が色濃く出てくるため、素材の特性を把握し、メリット、デメリットを理解してから選ぶ必要があります。

▼ソフトウッドデッキ

基本的に木材の種類は、特性から大きく分類してソフトとハードに分かれています。
ソフトは木がやわらかく加工しやすくなっており、種類によっては手持ちのこぎりなどで切ることができるため、DIYが目的の方には向いている素材です。
ただ、水を吸収しやすく、腐りやすい性質があり、腐ることでシロアリなどの害虫の被害に遭いやすいため、定期的なメンテナンスが求められます。

▼ハードウッドデッキ

一方ハードは素材の密度が高いことから衝撃や水に強く腐りにくいので、害虫にも強い素材です。
そのためメンテナンスの必要があまりなく、木材によっては20年以上メンテナンスをしなくても使用できるものもあります。
しかし導入コストが高く素材が固いため、切断などの加工が難しいことから自分でカスタマイズするのには向いていない素材です。
こういったデメリットは解決することも可能です。
例えばハードはコストを抑えつつも丈夫であるものや多少なら加工できるものもありますし、ソフトも屋根などを付けたり、腐敗しやすい場所をハード素材に変えたりするなどの対策を行うことで理想に近づけることができます。
このように、メリットやデメリットはありますが、さまざまな需要に合わせたものが販売されていますので、選ぶ際は自分の目的をしっかりと持ち、理想に近いと思える素材選びが重要になります。

■ウッドデッキのデザインについて

▼ウッドデッキのデザインとは

ウッドデッキのデザインはその木材が持つ特性がデザインになります。
快適な空間を作り出すうえで、性能に加えて、デザインも大切です。
ここを怠ると、後々にデザインが家と合っていない、思っていたものと違うといったことになってしまいます。
このような失敗を回避するためには、木材が持つデザインを知っておく必要があります。

▼見た目

まず、木材の見た目の特性として、赤、黄、黒などの色味が強いものや、特有の模様を持つものなどそれぞれに特徴があります。
例えば、ウリンという素材だと、機能性の高さに加え、デザインが優れています。
特徴としてはしっかりとした木目と深い赤褐色を基調としたデザインであり、月日が経つと深いこげ茶色へと変化することから、人気のある素材となっています。
木材はこのウリンのように、その時のデザインだけではなく、月日が経つことで変化する場合があります。
そのため、決める際は本来のデザインと、その後の変化の有無を考慮してから選びましょう。

▼塗装

気に入るデザインがない場合は塗装するという方法もあります。
塗装をするメリットとしては、さまざまな色を使えるため、木材にはないようなデザインを表現できます。
さらに、耐久性も向上します。
塗料には浸透タイプというものもあり、木材の素材感を残して耐久性を上げることもできます。
半浸透タイプなら素材感を残しながら傷んでいる部分を隠す効果もあり、景観を保ちつつ長く使っていけます。
注意点として、塗料によっては臭いが強いものや肌荒れの恐れがありますから、人肌に触れる点を考慮しておき、安全性には十分に配慮して選ぶ必要があります。
ウッドデッキの塗装をきれいに仕上げる方法 ハードウッドやソフトウッドなどの天然木材は、防虫や防腐のために塗装によるメンテナンスを行うのがおすすめです。
自分でも手軽にできる塗装の仕方を把握し、ポイントを押さえてやってみましょう。
準備するものは、雨水が木材に染み込まないように撥水効果があり、通気性も良いオイルステインという塗料です。
そして軍手と刷毛を用意し、木材を削って滑らかにするためのサンドペーパーと雑巾を用意しましょう。
ビニールとマスキングをするためのテープ、塗料を入れる洗面器や小さめのバケツなども必要となります。
まずは、ウッドデッキのザラザラになった木材を平らに、滑らかにするためにサンドペーパーで木材を擦ります。
木の粉やかすは、雑巾で拭いてきれいにしておきましょう。
次にマスキングを行います。
塗料が家の壁などにつかないように防護するためです。
ビニールをテープで貼って、塗料がかかりそうなところをマスキングします。
マスキングができたらオイルステインを容器に開けて、端の方から木目に沿って一定方向に塗っていきます。
一度塗ったところを繰り返して重ね塗りすると色むらができてしまうので注意をしましょう。
塗り残しがないように表面をチェックして、でこぼこがある場合はサンドペーパーで平らにします。
半日ほどそのまま自然乾燥させたら2回目の塗装を行います。
色が濃い部分ができたら、雑巾などで拭きとって色のバランスをチェックします。
ソフトウッドの場合、塗装しても数年でデッキがボロボロになる可能性があります。
そうなると塗装では不十分なので木材を取り外して、再び貼りなおす必要が出てきます。
木材自体の劣化が激しい場合や、塗装が上手くいかない場合は、専門の業者に依頼すれば簡単に直せます。

■ウッドデッキの作り

▼5つの部材で構成されているウッドデッキの基礎

ウッドデッキは大きく分けると基礎部分、床板、フェンスなどの付属部分の3つの構造に分けることができ、それぞれ複数の部材から成り立っています。
床材は、ウッドデッキの顔となる部分であり、面材、平板と呼ばれることもあります。
文字通りウッドデッキの床、つまり人の足場となる部分でこの面積の広さによって利用範囲が異なります。
基礎部分にある部材は5つで、1つ目は束柱です。
直接床材を支えている柱で、基礎の中でも重要なものとなります。
束柱の本数などは、床材の広さやそこに乗る人や物の全体重量を考慮して決められます。
2つ目は、基礎石です。
束柱の下に置くコンクリートの石を指します。
平たい形状や束柱と基礎石をねじなどでとめられるようになっている羽子板付きのものなど、さまざまな形状が存在しています。
この基礎石自体が水平に設置されていなければ他の部材も傾いてしまう恐れがあるため、設置する際は器具などを用いてきちんと水平かを確認する必要があります。
3つ目は床材の真下にあり、床材とクロスするような形で設置する根太です。
4つ目は、束柱と根太の間に敷かれる大引きです。
それぞれの向きは異なりますが、上から床材、根太、大引きと重なっていくイメージです。
大引きは床材と根太を支える必要がありますので、根太よりも太くて頑丈な素材を使用します。
最後は、根がらみです。
束柱をつなぐように設置し、揺れなどを防ぐ役割を担っています。

▼付属部分であるフェンスの部材

ウッドデッキは単体で使用されることもありますが、床板からの落下を防止するためや目隠しのためにフェンスなどの付属部分を取り付けることも多いです。
フェンスにはいろいろな種類があるので、それによって必要となる部材も変わってきますが、大体のフェンスにフェンス支柱、笠木、フェンスの3つがあります。
フェンス支柱は、ウッドデッキでいう束柱と同じような部材です。
フェンスが倒れないように支える役割もあるので、非常に重要となっています。
また、柱としての役割が果たせるように、フェンスの材木よりも太めのものを選びましょう。
フェンスの一番上に取り付ける板のことを、笠木と言い、雨に一番当たりやすい部材であるとも言えます。
ウッドデッキに取り付けるフェンスは一体感を出すためにウッドデッキと同じ素材が使われる場合が多いですが、このことを考えると、ウッドデッキ全体に雨に強く、腐りにくい木材を使用するか、笠木だけ別の素材を使用するかになってきます。
他にも、笠木は支柱をまたがってフェンス自体の上部を一枚の板でつなぐので、支柱だけのときよりもぐらつきなどを抑え、強度を増してくれます。
フェンスは、支柱と支柱の間に設置する何枚かの板のことです。
設置する向きが横向きか縦向きかで、フェンスそのものと区別するため横板、縦板と呼ばれることもあります。
設置する間隔が狭い、板材自体が厚いほど目隠し効果は高くなりますが、素材によっては圧迫感がでてしまう可能性があります。

■ウッドデッキの素材別メンテナンス方法

▼ハードウッドのメンテナンス方法

ウッドデッキがある庭はナチュラル感があっておしゃれです。
木材を使っているとメンテナンスが面倒だと思われがちですが、美観を損なうことやけがを防ぐためにも、きちんと手入れを行うようにしましょう。
ウッドデッキは使用されている木材の種類によってメンテナンス方法が異なります。
まず、アマゾンジャラやイペ、ウリンなどの種類がある広葉木のハードウッドデッキは耐久性があるので、雨が降ったり強い日差しが降り注いだりしても劣化をしにくいのが特徴です。
シロアリによる腐食にも強いため、基本的に放置をしておいても特に問題ないとされています。
しかし、外に設置されているので強風が吹くと砂ぼこりがつきザラザラする、苔などが生えてくるといった影響が出る可能性はあります。
そのためほうきでこまめに砂ぼこりを掃くことが大切です。
またホースで水をかけてブラシで擦る、高圧洗浄機で洗浄すると新品のようにきれいになります。
強くやりすぎると木材に傷がつくこともあるので注意をしましょう。
耐久性に優れていても、物を置く際に床にひっかけて、ささくれや傷などができることもあり得ます。
掃き掃除の時に床を点検して、ささくれがあったらサンドペーパーで擦ってなくしておきましょう。
ハードウッドは劣化しにくく腐食などにも強いですが、年々色が褪せてくることが多い木材です。
シルバーグレーへと変化していきますが、色あせは味があって良いと感じる人もいれば、剥げてしまったのでメンテナンスをしたいという人もいます。
気になる場合は、塗装をするのがおすすめです。

▼ソフトウッドと人工木材のメンテナンス方法

ウエスタンレッドシダーやサイプレスなどの針葉樹のソフトウッドデッキは、値段がリーズナブルなので低予算でウッドデッキが設置できるとあって人気です。
ただ、耐久性はハードウッドに比べるとやや劣るので、こまめなメンテナンスを行う必要があります。
メンテナンスをしないまま放置することで、雨風にさらされシロアリが巣を作って木を蝕みます。
一般的に設置から3から5年位で木材が腐食して、ボロボロになったり、折れてしまったりするようになります。
劣化を防ぐためにも定期的なメンテナンスをすることが求められます。
デッキブラシや高圧洗浄機を用い、こまめな掃除で汚れを取り除きましょう。
そして、年に1回は防虫防腐のために塗装をした方が長持ちしやすくなります。
ハードウッドやソフトウッドなどの天然木材ではなく、人工的に作った人工木材もウッドデッキに使われています。
人工木材は、木の粉とプラスチックを混ぜ合わせた原料を加工したものです。
天然木と違って木の中に水があまり含まれないのでシロアリやカビなどに強く、腐食しにくいのが特徴です。
特にメンテナンスは必要ないと一般的には考えられていますが、強風により砂ぼこりが溜まったり、苔などが生えたりすることはあるので、ほうきで掃いてデッキブラシで擦ったり、高圧洗浄機で汚れを洗い流したりしましょう。
汚れがこびりついている時は、サンドペーパーを使って優しく擦り落とすときれいになります。

▼ウッドデッキで使用されている床材の種類

他にも、防腐注入木材という素材もウッドデッキに使われます。
それを加圧下の状態で、防腐剤を木材の芯まで浸透させた材料で、低コストの木材です。
また素材が杉、ヒノキであるため柔らかく加工性に優れた材料です。
使われる防腐剤は安全、安心なもので、人体への害はありません。

■ウッドデッキの設置を検討している方にとってのお役立ちサイズ情報

住宅の新築やリフォームをお考えの場合、ウッドデッキを設置するのもおすすめできる施工の一つです。
ウッドデッキは、アイデア次第でさまざまな目的に活用することができます。
しかし、この製品の設置を検討する場合には、用途や施工方法、素材の選び方などに気を配る必要があります。
タイルテラスなどと比較して、ウッドデッキは価格がリーズナブルであるほか、短期間で施工することが可能です。
それらのメリットを活かして、ビッグサイズの製品を設置するのも良いでしょう。
例えば、複数の部屋を出た所にひとつながりの渡り廊下のように設置するのも一つのアイデアです。
その反対に、小さいサイズの製品にもまた違った活用方法があります。
メーカー品の場合、幅や奥行きの最小サイズが決まっていますが、業者に依頼することでさらに小さいサイズに加工してもらうこともできます。
続いて、自分の家に合う製品のサイズなどが分からない場合には、専門業者に現地調査や見積もりを依頼するのも選択肢の一つです。
業者はその道のエキスパートとしてヒアリングを行い、豊富な経験や確かなノウハウを活かして製品の紹介や施工プランの提案をしてくれるでしょう。
また、調査当日にスタッフが来訪した際には、ウッドデッキの設置に関する疑問や不安を直接打ち明けて、その場で回答やアドバイスを得ることも可能です。

▼製品のサイズを選ぶにあたってのチェックポイントをご紹介

これから自宅にウッドデッキを設置しようと考える場合、サイズの選び方もチェックポイントの一つです。
ウッドデッキやガーデンルームなど、掃き出し窓まわりの製品サイズは、尺という単位で表示されるケースが多くなります。
1尺は約30センチメートルの長さですが、製品サイズを具体的にイメージしにくい場合は、業者にサポートを依頼するのも良いです。
ウッドデッキのサイズは、用途に合わせて選ぶことが大切になります。
ウッドデッキの活用方法はさまざまなので、設置後の活用場面をイメージした上で適切なサイズの製品を選ぶようにしましょう。
例えば、子どもの遊び場や家族のくつろぎの場として使用する場合には、ビニールプールや遊具、椅子、テーブルなどのガーデンファニチャーを設置できるだけのスペースを確保する必要があります。
また、ガーデニングを楽しむためには、鉢植えなどを並べられるスペースがあれば良いでしょう。
その他に、夏は夕涼み、秋には月見など、季節によって用途が変わることも想定した上で選ぶのがおすすめの方法です。
次に、ウッドデッキで洗濯物や布団を干す場合には、テラス屋根や物干し竿、目隠しフェンスなどとの兼ね合いを考慮に入れた上で製品サイズを検討する必要があります。
ウッドデッキを設置すると、部屋から庭へ出入りをする際の段差が小さくなります。
そのため、大きな布団や大量の洗濯物を抱えたままでも安心して出入りすることができます。
また、テラス屋根を設置していれば、雨が降ったり強風がふいたりといった突然の出来事にも、慌てて洗濯物や布団を取り入れる必要はありません。
そして、ウッドデッキがあれば、デッキの上に直接布団を敷くなどして天日干しをすることも可能です。
さらに目隠しフェンスを設置することで、外干しをする際のプライバシーの問題も解決するでしょう。

▼まずはイメージ作りと情報収集から始めよう

自宅にウッドデッキを設置したいと考えるのであれば、まずはイメージ作りと情報収集から始めると良いです。
住まいの敷地面積や間取りはそれぞれに違いがあるので、それによって適切な製品のサイズも変わってきます。
また、ウッドデッキのサイズ選びをする際には、現在の生活スタイルや将来におけるライフステージの変化も考慮に入れて検討をする必要があります。
例えば、夫婦2人だけが住むのとたくさんの子どもがいる家庭では、その時点で選ぶ商品も違うでしょう。
しかし、どちらにせよ長い目で見て生活スタイルに合ったものを選ばなければなりません。

ウッドデッキなどの製品に関する情報は、それぞれの施工業者が運営しているホームページやショールームなどを通じて収集することも可能です。
中でもホームページは、インターネットの接続環境とIT機器さえあれば、いつでもどこでも情報収集を行うことができるというメリットがあります。
ただし、ホームページを利用する場合には、ページ上に掲載されている文章や画像、動画などのコンテンツを閲覧することとなります。
そのため、製品の実物を間近で見たり使ってみたりすることができず、製品の仕様について具体的なイメージがしにくくなる可能性もあります。
こういったリスクを軽減するためにも、ショールームに足を運んでみるのは良い方法です。
ショールームでは、モデルハウスや製品サンプルなどが展示されているので、具体的なイメージ作りに役立ちます。

■ウッドデッキの素材別メンテナンス方法

▼ハードウッドのメンテナンス方法

ウッドデッキがある庭はナチュラル感があっておしゃれです。
木材を使っているとメンテナンスが面倒だと思われがちですが、美観を損なうことやけがを防ぐためにも、きちんと手入れを行うようにしましょう。
ウッドデッキは使用されている木材の種類によってメンテナンス方法が異なります。
まず、アマゾンジャラやイペ、ウリンなどの種類がある広葉木のハードウッドデッキは耐久性があるので、雨が降ったり強い日差しが降り注いだりしても劣化をしにくいのが特徴です。
シロアリによる腐食にも強いため、基本的に放置をしておいても特に問題ないとされています。
しかし、外に設置されているので強風が吹くと砂ぼこりがつきザラザラする、苔などが生えてくるといった影響が出る可能性はあります。
そのためほうきでこまめに砂ぼこりを掃くことが大切です。
またホースで水をかけてブラシで擦る、高圧洗浄機で洗浄すると新品のようにきれいになります。
強くやりすぎると木材に傷がつくこともあるので注意をしましょう。
耐久性に優れていても、物を置く際に床にひっかけて、ささくれや傷などができることもあり得ます。
掃き掃除の時に床を点検して、ささくれがあったらサンドペーパーで擦ってなくしておきましょう。
ハードウッドは劣化しにくく腐食などにも強いですが、年々色が褪せてくることが多い木材です。
シルバーグレーへと変化していきますが、色あせは味があって良いと感じる人もいれば、剥げてしまったのでメンテナンスをしたいという人もいます。
気になる場合は、塗装をするのがおすすめです。

▼ソフトウッドと人工木材のメンテナンス方法

ウエスタンレッドシダーやサイプレスなどの針葉樹のソフトウッドデッキは、値段がリーズナブルなので低予算でウッドデッキが設置できるとあって人気です。
ただ、耐久性はハードウッドに比べるとやや劣るので、こまめなメンテナンスを行う必要があります。
メンテナンスをしないまま放置することで、雨風にさらされシロアリが巣を作って木を蝕みます。
一般的に設置から3から5年位で木材が腐食して、ボロボロになったり、折れてしまったりするようになります。
劣化を防ぐためにも定期的なメンテナンスをすることが求められます。
デッキブラシや高圧洗浄機を用い、こまめな掃除で汚れを取り除きましょう。
そして、年に1回は防虫防腐のために塗装をした方が長持ちしやすくなります。
ハードウッドやソフトウッドなどの天然木材ではなく、人工的に作った人工木材もウッドデッキに使われています。
人工木材は、木の粉とプラスチックを混ぜ合わせた原料を加工したものです。
天然木と違って木の中に水があまり含まれないのでシロアリやカビなどに強く、腐食しにくいのが特徴です。
特にメンテナンスは必要ないと一般的には考えられていますが、強風により砂ぼこりが溜まったり、苔などが生えたりすることはあるので、ほうきで掃いてデッキブラシで擦ったり、高圧洗浄機で汚れを洗い流したりしましょう。
汚れがこびりついている時は、サンドペーパーを使って優しく擦り落とすときれいになります。

▼ウッドデッキで使用されている床材の種類

他にも、防腐注入木材という素材もウッドデッキに使われます。
それを加圧下の状態で、防腐剤を木材の芯まで浸透させた材料で、低コストの木材です。
また素材が杉、ヒノキであるため柔らかく加工性に優れた材料です。
使われる防腐剤は安全、安心なもので、人体への害はありません。

■ウッドデッキの設置を検討している方にとってのお役立ちサイズ情報

住宅の新築やリフォームをお考えの場合、ウッドデッキを設置するのもおすすめできる施工の一つです。
ウッドデッキは、アイデア次第でさまざまな目的に活用することができます。
しかし、この製品の設置を検討する場合には、用途や施工方法、素材の選び方などに気を配る必要があります。
タイルテラスなどと比較して、ウッドデッキは価格がリーズナブルであるほか、短期間で施工することが可能です。
それらのメリットを活かして、ビッグサイズの製品を設置するのも良いでしょう。
例えば、複数の部屋を出た所にひとつながりの渡り廊下のように設置するのも一つのアイデアです。
その反対に、小さいサイズの製品にもまた違った活用方法があります。
メーカー品の場合、幅や奥行きの最小サイズが決まっていますが、業者に依頼することでさらに小さいサイズに加工してもらうこともできます。
続いて、自分の家に合う製品のサイズなどが分からない場合には、専門業者に現地調査や見積もりを依頼するのも選択肢の一つです。
業者はその道のエキスパートとしてヒアリングを行い、豊富な経験や確かなノウハウを活かして製品の紹介や施工プランの提案をしてくれるでしょう。
また、調査当日にスタッフが来訪した際には、ウッドデッキの設置に関する疑問や不安を直接打ち明けて、その場で回答やアドバイスを得ることも可能です。

▼製品のサイズを選ぶにあたってのチェックポイントをご紹介

これから自宅にウッドデッキを設置しようと考える場合、サイズの選び方もチェックポイントの一つです。
ウッドデッキやガーデンルームなど、掃き出し窓まわりの製品サイズは、尺という単位で表示されるケースが多くなります。
1尺は約30センチメートルの長さですが、製品サイズを具体的にイメージしにくい場合は、業者にサポートを依頼するのも良いです。

ウッドデッキのサイズは、用途に合わせて選ぶことが大切になります。
ウッドデッキの活用方法はさまざまなので、設置後の活用場面をイメージした上で適切なサイズの製品を選ぶようにしましょう。

例えば、子どもの遊び場や家族のくつろぎの場として使用する場合には、ビニールプールや遊具、椅子、テーブルなどのガーデンファニチャーを設置できるだけのスペースを確保する必要があります。
また、ガーデニングを楽しむためには、鉢植えなどを並べられるスペースがあれば良いでしょう。
その他に、夏は夕涼み、秋には月見など、季節によって用途が変わることも想定した上で選ぶのがおすすめの方法です。

次に、ウッドデッキで洗濯物や布団を干す場合には、テラス屋根や物干し竿、目隠しフェンスなどとの兼ね合いを考慮に入れた上で製品サイズを検討する必要があります。
ウッドデッキを設置すると、部屋から庭へ出入りをする際の段差が小さくなります。
そのため、大きな布団や大量の洗濯物を抱えたままでも安心して出入りすることができます。
また、テラス屋根を設置していれば、雨が降ったり強風がふいたりといった突然の出来事にも、慌てて洗濯物や布団を取り入れる必要はありません。
そして、ウッドデッキがあれば、デッキの上に直接布団を敷くなどして天日干しをすることも可能です。
さらに目隠しフェンスを設置することで、外干しをする際のプライバシーの問題も解決するでしょう。

▼まずはイメージ作りと情報収集から始めよう

自宅にウッドデッキを設置したいと考えるのであれば、まずはイメージ作りと情報収集から始めると良いです。
住まいの敷地面積や間取りはそれぞれに違いがあるので、それによって適切な製品のサイズも変わってきます。
また、ウッドデッキのサイズ選びをする際には、現在の生活スタイルや将来におけるライフステージの変化も考慮に入れて検討をする必要があります。
例えば、夫婦2人だけが住むのとたくさんの子どもがいる家庭では、その時点で選ぶ商品も違うでしょう。
しかし、どちらにせよ長い目で見て生活スタイルに合ったものを選ばなければなりません。

ウッドデッキなどの製品に関する情報は、それぞれの施工業者が運営しているホームページやショールームなどを通じて収集することも可能です。
中でもホームページは、インターネットの接続環境とIT機器さえあれば、いつでもどこでも情報収集を行うことができるというメリットがあります。
ただし、ホームページを利用する場合には、ページ上に掲載されている文章や画像、動画などのコンテンツを閲覧することとなります。
そのため、製品の実物を間近で見たり使ってみたりすることができず、製品の仕様について具体的なイメージがしにくくなる可能性もあります。
こういったリスクを軽減するためにも、ショールームに足を運んでみるのは良い方法です。
ショールームでは、モデルハウスや製品サンプルなどが展示されているので、具体的なイメージ作りに役立ちます。

お問い合わせ