Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

お得な工事パック

製品最大60%OFF!工事とセットで大幅割引!

関西エリア限定!人気商品、大幅割引商品が盛りだくさん♪工事費コミコミお得なパックです。
表示の施工費はあくまでも単品購入時の価格。複数購入でさらに値引きできる商品も!お気軽にお問い合わせください!

※表示の価格は一般的な立地、土地条件下での参考価格となります。敷地状況、周辺環境などにより変動する場合がございます。
また仮設工事、土工事費用などが別途必要となる場合がございます。

  • ガレージ・車庫まわり
  • サイクルポート

人気ランキング

サイクルポートの役割と活用方法

サイクルポートとは、自転車置き場などの各住戸ごとに区画を分けた専用の自転車を駐輪するためのスペースのことを言います。

こちらでは、屋根付きサイクルポートのメリットやサイクルポートの様々な活用方法などを紹介していきます。

屋根付きのサイクルポートを設置することで雨による自転車の錆や汚れ、黄砂の汚れ、直射日光によるゴムなどの劣化などを防ぐことができます。

お気に入りの自転車や、愛用のバイクなどを綺麗な状態で末長く使うことが可能です。

また、カーポートと同じくサイクルポートは、雪や霜、飛来物から自転車やバイクを守ってくれます。

鳥の糞は賛成で金属に対して浸蝕性があると言われてる為、シミになってしまうケースがあります。
外出時にサドルに鳥の糞が付いていると、拭くのも一苦労しますが、サイクルポートを設置することで、しっかりとが守ってくれるので、安心です。

サイクルポートに車輪止めを付けることで、駐輪場の防犯対策にもなります。

オプションの車輪止めは、チェーンなどで自転車やバイクをつなぎ留めておくことで、容易に持ち去られる心配が軽減されます。

自転車やバイクの鍵をするだけでは、簡単に持ち運びできてしまうため、大切な自転車やバイクの盗難防止対策に車輪止めはおすすめです。

自転車やバイクの雨除け用にカーポートを小さくした商品が「サイクルポート」です。
使用はカーポートとほぼ同様で、主な違いは屋根の面積が小さくなり、柱が細くなることです。

サイクルポートはカーポートと同じく、主柱のみで支える独立型なので、建物の壁や窓、シャッターなどが干渉する位置でも、壁から少し離すことで設置可能です。

盗難や横倒れ防止、自転車の整列用など、様々なオプションがありますので、お困りのことがございましたら、オプションも合わせてご検討ください。

サイクルポートは柱の設置位置によっては駐輪目的以外の様々な使い方ができます。

駐輪だけではなく他の用途でご利用をお考えの方用のオプションもご用意していますので、お気軽にご相談ください。

サイクルポートは、設置個所によって様々な活用方法があります。
そんなサイクルポートの様々な活用例をご紹介します。

・お庭のテラス屋根として活用

住まいのお庭のテラスの屋根としてサイクルポートを活用することができます。

通常のテラスの屋根とは異なり、サイクルポートは独立型の為、家の壁に穴をあけて固定することなく柱位置を家側する事で、家のテラス屋根に早変わりです!

・屋外の喫煙所としての活用

事務所や工場などの喫煙スペースとして活用する事例があります。

屋内に喫煙スペースを設けるよりも屋外の方が壁紙の変色や床の汚れの掃除、換気・空気清浄器のメンテナンス費用などが軽減され、雨除けや直射日光を遮断することができるサイクルポートは喫煙者への配慮にもなるのでおすすめです。

・スロープの雨除け屋根として活用

ベビーカーや車いす、足が不自由な方のためのスロープに雨除け、雪除けとして活用することができます。

スロープは雨や雪などの影響で滑りやすくなるため、なにかと危険が潜んでいます。

サイクルポートを設置することで、スロープを利用する人が安心して安全に利用することができます。

また、オプションのサポート柱を取り付けていただくと、強風や雪の重みでの破損対策にもなりますので、より安心と安全を提供することが可能です。

・勝手口などの雨除けとして活用

勝手口やバックヤードなどの雨除けとして活用することができます。

テラス屋根では小さく、カーポートでは大きすぎるスペース、壁に屋根を固定できない場合などに、サイクルポートが合う場合があるので、雨除けしたい場所に合わせた活用をすることがかのうです。

■ はじめに確認すること

サイクルポートを選ぶ前に必ず確認することをご紹介します。

・駐輪する自転車・バイクの台数

通勤通学などで、自転車やバイクを利用する人が多く、家族が増えることで、自転車の数が増えることもあります。

今ある数よりも数台分余分に駐輪できるサイズがおすすめです。

・自転車・バイクの幅や全長チェック

今ある自転車やバイクの幅を図っておくと良いでしょう。
幅を図ることで、自電車などの出し入れがしやすいようになります。

また、年齢とともに自転車の大きさが変わることもあり、台数が増えても大体の幅を知っておくことで長い期間、出し入れに困ることなく利用することができます。

自転車・バイクの全長を図る事も大事です。

車体前後のサイズを測り、一番大きな全長に合わせたサイクルポートを選ぶことで、より確実に雨濡れを軽減できます。

■ 適切なサイズを選ぼう

現場調査担当者が確認する前に以下の確認項目を把握しておくことで、設置に関する具体的なイメージを持てます。
よりイメージに近いサイクルポートを施工するために是非確認しましょう。

・柱の希望位置

自転車やバイクが出し入れするときに邪魔にならないように柱の希望位置を決めておくと良いでしょう。

現場調査の際に希望の位置を担当者に伝えれば、希望する柱位置を考慮したうえで、柱の位置を確定します。

ただ、現場調査の結果希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。

・駐輪する場所の面積

自転車やバイクの台数や大きさをはかったうえで、サイクルポートを設置する場所の広さを確認してください。

形状により、はみ出さないように屋根の切り詰めが必要になるケースもあります。

・設置予定の場所の干渉物の確認

庭の木やエクステリアの柱などの干渉について、設置予定の場所にあるか無いかを確認しましょう。

干渉する恐れがある場合、屋根を切り詰めるなどの対応をさせていただきます。

・高さ

屋根の高さをタカ科牛すぎると、雨天時に自転車やバイクが濡れてしまう恐れがあり、人の出入りに支障をきたすことのないレベルの高さ・幅を確保していただく必要があります。

駐輪場以外の用途をご希望の方は、用途に合わせたサイズを選ぶことをおすすめします。

サイクルポートを設置するにあたって、家の雰囲気や外構と合わせて選ぶことをおすすめします。

一般的には、住宅の窓サッシの色や、カーポートなどと色を合わせる事がいいと言われています。

外構の門扉やフェンスなどの色に合わせることも、統一感が出るので、おすすめです。

おしゃれな外構に合うサイクルポートや、近隣住居を考慮したサイクルポートをを設置することで、街並みに溶け込み、違和感のない落ち着いた印象となります。

最近のサイクルポートは屋根材にガラスの200倍の強度があるポリカーボネート素材を使割れることが多く、飛来物からも自転車やバイクを守れる耐久性があります。

ポリカーボネートには紫外線をほぼ100%カットしてくれるので、屋根材として最適な素材と言われています。

遮熱効果や遮熱効果、カラーバリエーションも豊富なので、設置場所や用途に応じた最適な屋根材を選べます。

サイクルポートを快適に使うことの出来る様々なオプションをご紹介します。

・サポート柱

サイクルポートを補強する効果のあるサポート柱は、各支社専用のサポート柱を揃えています。

積雪や強風で心配がある地域に住んでいる人におすすめのオプションですので、お気軽にご相談ください。

・サイドパネル

強風が吹きこむと自転車等が転倒する恐れがあります。

また、駐輪している自転車やバイクが丸見えで、きれいに維持されている自転車やバイクが盗難にあう恐れがあります。

そのような心配事には、サイドパネルをおすすめします。

出入口以外の三面を囲うタイプのサイドパネルもございますので、是非ご相談ください。

・車輪止め

輪止めと自転車をチェーン型のカギで繋いでおくことで、盗難帽子になる車輪止めは、自転車やバイクを止めるとき、駐輪位置から前に出過ぎるのを防ぎ、壁や花壇などを守る役割があります。

自転車やバイクの安心はもちろん、家の外構を汚す心配がなくなります。

・その他

駐輪場としてご利用されない方用のオプションです。

吊り下げ式物干し・収納式物干しのオプションがあり、サイクルポートをお庭のテラス屋根として利用される予定の方へおすすめのオプションです。

洗濯物を干す場所として活用したい人に人気のあるオプションとなっているので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ