Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

クレマチス

  • 学名 Clematis
  • キンポウゲ科センニチソウ属
  • 落葉性多年草(つる性植物)
  • 開花期 4〜10月

クレマチスはバラのパートナープランツとして親しまれているつる性植物です。
世界中におよそ250〜300種類が分布しており、特に北半球に多く分布しています。

名前はギリシャ語の〝クレマ〟(つる)に由来しています。
花いろは白、赤、ピンク、黄色、青、紫色などがあります。

品種によって花の咲く時期は5〜10月と異なり、咲き方も異なります。
つる性の特性を活かして、フェンスやアーチに絡ませて演出することができます。

  • クレマチス

    クレマチス

管理方法・お手入れ

■日当たり

半日以上、よく日が当たる場所が適しています。

半日陰でも育てることはできますが、やや花付きが悪くなったりと影響が出ます。

真夏の直射日光には弱いので避けます。

 

■水やり

鉢植えの場合は、鉢の表土が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与えます。

庭植えの場合は、根付いてしまえば水やりは必要ありません。

どちらも、真夏や、生育期間中は乾きやすくたくさんの水を必要とするので、水切れに注意します。

 

■剪定

花色がくすんだり、雄しべが散り始めたら、花首から切っておきます。

四季咲きの品種は、花後に剪定すると、その後に伸びてきたつるに花芽がつきます。

つる全体の長さの三分の一から二分の一くらいを残し剪定します。

 

■肥料

植え付け時に元肥をします。

追肥は、生育期間中の早春〜晩秋にかけて、緩効性肥料を1〜2ヶ月に一度、液体肥料を月に2〜3回与えましょう。

 

■病虫害

風通しが悪いと、立ち枯れ病、うどんこ病などにかかりやすいので気をつけましょう。

アオムシ、ハダニなど害虫被害にも遭いやすい早めに対処しましょう。

友達を追加