Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

ハナカンザシ

  • 学名 Rhodanthe anthemoides
  • キク科ローダンテ属
  • 常緑性多年草
  • 開花期 3〜5月

花かんざしは、別名「ローダンテ」と呼ばれている、キク科の常緑性多年草です。3〜5月ごろにカサカサとしたドライフラワーのような花が咲きます。
冬の終わりから5月ごろまで、次々と咲き続け、冬から春のコンテナの寄せ植えなどに多く利用されています。

花いろは白色で、サイズは2センチ程度、夜間は閉じる特徴があります。よくクロロセファラ種やマングレシー種と混合されていますが、別物です。
ふわふわと風に揺れる姿から「冬の妖精」と呼ばれたり、切花やドライフラワーとしてたくさん親しまれています。

  • ハナカンザシ

    ハナカンザシ

管理方法・お手入れ

■日当たり

日照の多い乾燥した気候を好むので、日当たりと風通しが良い場所で育てます。耐寒性も、耐暑性も弱いので、春と秋以外は、室内で育ててあげましょう。

 

■水やり

多湿にならないように気をつけながら、用土が乾いたらしっかりと水やりします。水やりの際は花に直接水がかからないように注意しましょう。

 

■剪定

枝葉が込み合わないように様子を見ながら、古い枝を切り戻しましょう。また、枯れた花は、こまめに取り除きましょう。

 

■肥料

2〜4月ごろまで、薄い液体肥料を月に3〜4回施します。

 

■病害虫

灰色かび病や、アブラムシなどの害虫に注意しましょう。

友達を追加