Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

ジャーマンカモミール

  • キク科コシカギク属
  • 一年草ハーブ
  • 開花期3〜6月

ジャーマンカモミールは、ヨーロッパ、特にドイツで薬用にされる1年草のハーブです。
小さくて華奢な花にはリンゴのような爽やかな甘い香りがあります。
抗炎症作用、リラックス効果などの目的で飲まれるカモミールティーは、ハーブティーの中でも人気があります。
耐寒性があり丈夫で、一度植えると、こぼれダネで毎年芽生えますが、年々弱々しくなり、花の香りも少なくなっていくので、定期的に新しい苗を植えるなどした方が良いです。
比較的育てやすいので、タネから育てるのもおすすめです。

  • ジャーマンカモミール

    ジャーマンカモミール

管理方法・お手入れ

●日当たり

日当たりの良い場所を好みますが、暑さに弱いので、直射日光には当てないようにします。梅雨の時期はアブラムシがつきやすいので、風通しの良い場所に置くと良いです。

 

●水やり

土の表面が乾いてきたら、たっぷりと水を与えましょう。水はけをよくしてあげた方が良いですが、やや湿り気を好むので、乾燥しすぎないように気をつけましょう。

 

●剪定

葉っぱ同士が重なりあっている部分があれば、茎や葉を切り取ります。風通しをよくすることで、病気や害虫の発生を予防します。

 

●肥料

植え付け前に、有機肥料をすき込み、しばらく置いてなじませてから植え付けましょう。鉢植えの場合は、元肥として緩効性肥料を混ぜます。花付きをよくしたい場合は、3月ごろにリン酸が多めの液体肥料を追肥すると、花をたくさん収穫できます。

 

●病害虫

うどんこ病、アブラムシ、ハダニに注意しましょう。

友達を追加