Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

ローズゼラニウム

  • フクロソウ科ペラルゴニウム属
  • 常緑性多年草、ハーブ
  • 開花期5〜7月

ローズゼラニウムは、フクロソウ科のの植物で、エッセンシャルオイルにも使われていることで知られています。
全草からローズのような良い香りがします。
また、ピンク色をした綺麗な花が咲き、性質も大変丈夫なので、人気のあるハーブです。
良い香りが強くするので、葉を切り花としてブーケなどにすると、ふんわり香って良いかもしれません。
この香りは、蚊が嫌うそうで、良くホームセンターなどで、「蚊取草」と置かれているのを見かけます。
生育も早く強健なので、鉢植えの場合、一年に一度ほど、植え替えをしましょう。庭植えの場合は、冬は防寒対策が必要です。

  • ローズゼラニウム

    ローズゼラニウム

管理方法・お手入れ

■日当たり

日当たりの良い場所で管理しましょう。日光が少ないと、花付きが悪くなり、香りも減ってしまいます。直射日光は、葉が焼けてしまうこともあるので、強い日差しは避けましょう。

 

■水やり

乾燥気味の環境の方が生育が良いので、水やりしすぎないようにします。鉢植えは、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。

 

■剪定

しおれた花はそのままにせず、付け根から切り落としましょう。また、開花が落ち着いた頃、株が込み合っていると蒸れるので、7〜8月に切り戻し、風通しを良くしましょう。

 

■肥料

植え付け時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜ込みます。追肥は4〜11月に、液体肥料の場合は1〜2週間に1回、または、緩効性肥料を2〜3ヶ月に1回施します。

 

■病害虫

オンシツコナジラミに注意します。オンシツコナジラミは白い虫で、葉裏に付き、株に触れると一斉に飛び立ちます。気持ち悪いので、見つけたら駆除しましょう。

友達を追加