Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

オジギソウ

  • マメ科オジギソウ属
  • 常緑多年草(春まき一年草)
  • 開花期7〜9月

オジギソウは、本来多年草ですが、冬の寒さに耐えられない地域では一年草のように扱われます。
暑さに強い性質で、夏に丸いポンポンのような可愛いピンクの花が咲きます。花はその後さやができ、タネをつけます。
沖縄以外の日本の寒さには耐えられず、冬前に枯れてしまうことがほとんどなので、毎年育てたい場合は、花後にできるタネを採取して置きます。
触れると、葉が閉じ合わさり、葉の軸の付け根から下向きにお辞儀をするように垂れる、面白い性質があります。
茎には棘があるので、取り扱いには注意が必要です。また、葉にも、触れすぎると生育が悪くなります。

  • オジギソウ

    オジギソウ

管理方法・お手入れ

■日当たり

日当たりがよく、水はけの良い暖かい環境で育てます。

 

■水やり

土が乾いていたら、たっぷりと水やりをします。水分が不足すると、葉が閉じます。

乾燥しすぎると花が落ちます。夏は乾燥に注意してください。

 

■剪定

タネを採取する場合は、サヤが茶色くなったらサヤごと採取し、日陰で乾燥させます。

しっかりと乾いたら、中のタネを取り出します。タネは春まで、封筒などに入れて、冷暗所で保管します。

 

■肥料

苗が小さなうちに緩効性肥料を置き肥します。その後は必要ありません。

 

■病害虫

ほとんど心配ありません。

友達を追加