Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

ペラルゴニウム

  • 学名 Pelargonium
  • フクロソウ科テンジクアオイ属
  • 常緑性多年草
  • 開花期 4〜7月

ペラルゴニウムは、春から初夏にかけて咲く一季咲きの多年草です。上品な花の形と、花に入る模様が特徴です。
ゼラニウムの仲間で、開花期間はゼラニウムに比べて短いですが、その分大きく華やかな花を咲かせ、春の花壇やベランダを彩ってくれます。
弱アルカリ性の土壌を好むので、鉢植え、庭植えの場合共に、一握り程度の苦土石灰を事前に混ぜ込んで置きましょう。
雨に弱いので、地植えの場合は雨よけ対策などが必要になるので、鉢植えにして雨の当たらないところで育てるのがおすすめです。
鮮やかな花を次々と咲かせ、満開になった鉢植えを玄関やベランダに置くと、とても華やかです。

  • ペラルゴニウム

    ペラルゴニウム

管理方法・お手入れ

■日当たり

10度くらいの気温が保てる、日当たりと風通しの良い場所で育てます。

日光を好みますが、直射日光に弱いので、強い日差しや西日は当たらない方が良いです。

 

■水やり

やや乾燥気味の環境を好みます。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るくらいの水やりをします。

水やりの際は、花に水がかからないように気をつけます。

開花中は乾かしすぎないように気をつけましょう。

 

■剪定

しおれた花はこまめに摘み取りましょう。一輪ずつ摘み取り、全ての小花が咲き終わったら、茎から切り取ります。枯れ葉もあれば、取り除きます。

6月までと、9月に、株全体を三分の一の高さに切り戻します。

 

■肥料

3〜6月ごろと、9〜11月ごろ、月に1度、緩効性肥料を置き肥しましょう。

 

■病害虫

オンシツコナジラミが発生します。白いハエのような姿で、葉の裏に寄生します。

繁殖が早いので見つけたら、すぐに駆除しましょう。

友達を追加