Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

カタクリ

  • 学名 Erythronium japonicum
  • ユリ科 カタクリ属
  • 落葉性 多年草(球根植物)
  • 開花期 3〜4月

カタクリは、まだ寒さの残る早春に、ピンク色の可憐な花を下向きに咲かせます。「春の妖精」と呼ばれ、登山愛好者に親しまれている植物です。
従来、片栗粉の原料として利用されていました。現在はジャガイモやサツマイモと言った野菜から抽出されるデンプンを利用して製造が行われており、カタクリを利用した片栗粉は貴重なものになりました。
早春に芽生えて、花を咲かせると、初夏には葉が枯れて、休眠に入ります。
球根を植え付けて1年目咲いて、その後球根が充分に太れず、翌年から咲かなくなることがあります。
葉を出して生長している期間は春の一時期だけで非常に短いです。

できるだけ葉が生きている状態を長く残し、この期間にしっかりと球根を太らせることが毎年花を咲かせるコツです。

  • カタクリ

    カタクリ

管理方法・お手入れ

■日当たり

落葉樹の下に自生している植物なので、明るい木陰のような場所が適します。

春から秋は、直射日光の当たらない日向、夏は涼しい日陰に置きましょう。

 

■水やり

カタクリは湿り気味の土を好み、非常に乾燥に弱いです。

特に鉢植えの場合、乾燥しやすいので注意が必要です。土は常に湿り気を保つようにしましょう。

 

■剪定

タネを採取しない場合は、咲き終わった花ははやめに摘み取り、実を結ばないようにします。

 

■肥料

植え付け時に元肥として、緩効性化成肥料を施します。

また生育期には、リン酸分の多い液体肥料を二週間に一回程度施しましょう。

 

■病害虫

ナメクジの食害に注意しましょう。見つけたら殺虫剤で駆除します。

さび病にも注意しましょう。

友達を追加