Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

セントポーリア

  • 学名 Saintpaulia
  • イワタバコ科 アフリカスミレ属
  • 常緑性 多年草
  • 開花期 9〜6月

セントポーリアは、濃い緑色の葉の中心に小さくて可憐な花を咲かせます。
花いろは、ピンク、紫、白、青などたくさんの種類があります。
花の形も、一重、八重咲き、大輪、フリル咲などいろいろあります。
「室内花の女王」と呼ばれ、古くから愛されています。
セントポーリアは、葉の表面に産毛が生えているため、室内で管理しているとセントポーリアの葉にホコリがたまりやすいです。
しかし、葉が水に当たると、産毛が水を弾き、水滴がレンズの役割を果たすことになって、葉を焼いてしまったり、色が抜けてしまいますので、葉水はできません。
ホコリがたまったときは、湿らせたガーゼなどで葉を傷めないよう優しく拭き取りましょう。

  • セントポーリア

    セントポーリア

管理方法・お手入れ

■日当たり

1年を通して、直射日光の当たらない明るい光の当たる場所が良いです。

 

■水やり

土が乾燥したら、たっぷりと水を与えます。真夏や、真冬は、生育が衰えるので、少し乾燥気味にします。

水やりは、葉に当たらないように気をつけます。

 

■剪定

枯れてしまった花は、そのままにしておくと株が蒸れ、病気の原因となるのでこまめに取り除いてください。茎を残す必要はないので、根元から切り取ってしまいましょう

 

■肥料

気温が20度以上が保たれる温かい期間に月に1~2回ほど液体肥料を与えます。

寒くなってくると生育が遅くなるので肥料も必要なくなります。

 

■病害虫

灰かび病に注意が必要です。風通しが悪くならないようにして防ぎましょう。

また肥料が多いと、アブラムシも出やすいので注意します。

友達を追加