Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

サヤインゲン

  • 学名 Phaseolus vulgaris L.
  • マメ科 インゲンマメ属
  • 野菜
  • 収穫期 7〜8月

サヤインゲンは、中央アメリカが原産のマメ科の野菜です。
若いインゲンをサヤごと食べるのがサヤインゲンです。
マメ科の植物は根に共生する根粒菌が窒素分を供給するので、窒素肥料は控えめにしましょう。
窒素肥料を多く与えると、枝葉ばかりが成長して、実がつきにくくなります。
生育の適温は、15℃〜20℃です。
いんげんは、つる性種とつる無し種に大別され、つる性種は春に、つる無し種は春から初夏に種をまきます。
つる無し種は約1カ月、つる性種は約2カ月にわたって収穫できます。

  • サヤインゲン

    サヤインゲン

管理方法・お手入れ

■日当たり

日当たりの良い場所で、排水を良くしてあげましょう。

 

■水やり

土の表面が乾いたら水やりを行いましょう。

開花期に水やりが不十分になると、花が落ちてしまったりするので、気をつけます。

 

■剪定

追肥は開花した頃に施し、以後2週間に1回施しましょう

 

■肥料

花が咲き始めたら追肥を開始します。

肥料が多すぎると葉が茂りすぎて実つきが悪くなるので、生育の様子を見ながら2週間に1回を目安に追肥します。

 

■病害虫

さび病、アブラムシ、ハダニ、マメハモグリバエ、カメムシなどが発生することがあるので注意しましょう。

風通しを良くして予防し、発病してしまった株は早めに取り除き、感染が広がらないようにします。

害虫は、防虫ネットをかけて防ぎ、防げない害虫は見つけたら駆除します。

友達を追加