Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

チューリップ

  • ユリ科チューリップ属
  • 球根性多年草
  • 開花期3〜5月

チューリップは、小さい子供から大人まで、世界中のみんなに愛されているお花です。今、世界では1000種類ものチューリップが育てられているそうです。
秋に球根を植えて、春になると、可愛いカップのようなお花を咲かせてくれます。
開花期は、品種により、早生種(3〜4月)、中生種(4月)、晩生種(4〜5月)に分けられます。球根を購入する際に、入っている袋に書いてあるのでチェックしましょう。
また、チューリップは花丈も、品種により異なります。他の植物とのバランスを考えたり、品種違いで植える場合にも、チェックしておくと良いです。
パンジーやビオラなどの草丈の低い植物や、ムスカリ、スイートアリッサムなどの植物との相性がよく、寄せ植えにもよく利用されます。

  • チューリップ

    チューリップ

管理方法・お手入れ

●日当たり

日当たりの良い場所で育てます。寒さに当たらないと花が咲かないので、日当たりの良い戸外で寒さにしっかり当てます

 

●水やり

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりお水を与えます。庭植えの場合は、植え付けの時にお水をやったあとは、基本的に降雨のみで大丈夫です

 

●剪定

花弁が散る少し前に、花首のところで切り取ります。葉っぱが枯れてきたら、丁寧に球根を掘り上げて、よく乾燥させ、ネットに入れて翌年まで保存します

 

●肥料

元肥として緩効性肥料を混ぜ込みます。追肥は一度、芽が出たら、同じく緩効性肥料を施します

 

●病虫害

花弁に縞模様が出る「モザイク病」、地際や球根が腐る「軟腐病」、株元に白い菌糸が現れて立ち枯れる「白絹病」などがあります。病気の株は、発見しだい抜き取って処分します。また、アブラムシが発生することがあり、アブラムシはモザイク病などを媒介するので、見つけたら株元にオルトランをまくなどして防除します

友達を追加