Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

ハイビスカス

  • 学名 Hibiscus
  • アオイ科 フヨウ属
  • 常緑性 低木
  • 開花期 5〜10月

ハイビスカスは、アオイ科の常緑性低木で、開花期は5月~10月です。
華やかな美しい花が魅力の熱帯花木として人気があります。
日本では一般的に鉢植えで楽しまれていますが、沖縄や霜が降りない暖地では庭木などとしても使われています。
赤・ピンク・黄色・白などカラーバリエーションも豊富で、花の大きさも小さいものから大きいものまで様々な品種があります。
ハイビスカスは、咲いたらその日のうちに枯れてしまうという性質を持つ「一日花」と呼ばれる植物です。
ひとつひとつの花の寿命は1日ですが、次々とつぼみをつけて新しい花を咲かせ続けます。
葉は卵形から楕円形で、美しい照葉を持つ品種も数多くあります。
沖縄などの暖地では樹高2m以上に育つ樹木です。
熱帯植物のため耐寒性は低く、暖地以外では基本的に室内で冬を越すことになりますが、春から夏までは戸外で育てる事が出来ます。




  • ハイビスカス

    ハイビスカス

管理方法・お手入れ

(日当たり)

日光にはじゅうぶんに当てましょう。しかし、30℃以上の高温が続くと株が弱ってしまうので、夏はなるべく風通しのよい涼しい場所を選びましょう。暑さがきつすぎる場合は、明るい日陰に移動させてください。

 

(水やり)

生育期は乾いたらたっぷりと与えます。とくに開花中は水切れになると、つぼみが開く前に落ちてしまうので気をつけましょう。一年を通して土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにします。

(剪定)

伸びすぎた枝は年に1回、できるだけ葉を残して切ります。葉のない古い枝を途中で切っても再び萌芽します。

 

(肥料)

5月~10月は月1回、ゆっくりと効く固形の肥料を株元に適量置きます。リンカリ成分が多めのものが適しています。チッソ分が多いと葉っぱは青々と茂りますが、花つきは悪くなります。生育旺盛でどんどん花が咲くようなら、10日に1回くらい、水で薄めた液体肥料も与えます。肥料は春に新芽が出てきたタイミングで始めるとよいでしょう。夏に暑さで弱っているときや、生育が止まっている冬は肥料を与える必要はありません。

 

(病害虫)

アブラムシとハダニの発生が見られます。見つけたら駆除します。

友達を追加