Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

オウバイ

  • モクセイ科ソケイ属
  • 半つる性落葉性低木
  • 開花期2〜3月

オウバイは中国原産の半落葉性低木です。オウバイの葉は対生して3つの小葉があります。葉に先立って、やや緑色をおびた枝に直径2.5㎝ほどの黄色の6弁花を咲かせます。普通植物は幹が上へと延びますが、オウバイは枝が横へ伸びて垂れ下がります。
しなやかな枝は丈夫で、垂れ下がった枝が地面につくと節から根を出してそこから増えていくたくましさがあります。このような性質から池け垣にしたりグランドカバーとしても利用され、また花と樹姿による樹形から盆栽や鉢物、庭木として人気があります。オウバイはジャスミン属の中では、もっとも耐寒性があります。細い枝が湾曲する姿が楽しめます。
矮性のヒメオウバイ、常緑性のキソケイ、大きな花のオウバイモドキなど近縁種があります。

  • オウバイ

    オウバイ

管理方法・お手入れ

●日当たり

日当たりと風通しのよい場所で育てます。梅雨以降から夏の間は半日陰において、強い西日に当たらないように工夫してください。冬は保護が必要です

 

●水やり

根腐れしやすいので、過湿には気を付けてください。夏場は水切れがないように工夫が必要です。春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷりお水をあげます

 

●剪定

花が終わったらすぐに行います。込み合った部分を間引くように取り除き、長い枝を切り詰めます。秋以降は樹形を乱す枝を整える程度にします

 

●肥料

4月~6月と、9月~10月の間に月1回、油かすなどの固形肥料を置き肥してください。肥料が多すぎると花が咲かなくなるので控えめにします

 

●病害虫

あまり病気や害虫はありませんが、まれにハマキムシが発生します

 

 

 

友達を追加