Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

モクセイ

  • モクセイ科モクセイ属
  • 常緑性高木
  • 開花期9〜10月

花の香りが良いので、庭木として多く用入られてきました。雌雄異株で、日本で多く植えられているのは、雄株なのであまり実は見られません。
一般的なのは中国原産のキンモクセイがあります。白花のギンモクセイは、キンモクセイの基本種です。淡黄色で香りが淡いウスギモクセイ。生垣にも用入られる白花のヒイラギモクセイがあります。
養分が豊富な土を好むので、植え穴には堆肥と有機質肥料をしっかりと混ぜ、根鉢を崩さないように植えます。
排気ガスには弱いので、道路際に植えたら、時々葉を洗うようにすると良いでしょう。

  • モクセイ

    モクセイ

  • ギンモクセイ

    ギンモクセイ

  • ヒイラギモクセイ

    ヒイラギモクセイ

管理方法・お手入れ

●日当たり

やや耐陰性もありますが、日当たりのよい場所ほど花つきは良好です

 

●水やり

夏場の水切れには注意します。土壌の乾燥は、生育や花つきを悪くします

 

●剪定

仕上がりが多少美しくなくても手軽にするなら、刈り込みバサミなどで基本となる形に沿って刈り込みます。刈り込み樹形の場合、株の内側に葉が少なくなり、あまり刈り込むと穴が開いてしまうので、適度な長さで揃えます。同じ刈り込みでも、木バサミや剪定バサミで1枚ごと切る方が、仕上がりが綺麗になります。刈り込みと同じように基本形に沿って切ればよいですが、基本形からはみ出す枝を取り除くようにした方が良いでしょう。刈り込み樹形でも、3年に1回は枝抜き剪定をしましょう

 

●肥料

2月下旬から3月に、寒肥として有機質肥料を中心に施します

 

●病害虫

チッ素肥料が多いと株が弱々しくなり、うどん粉病などの病気にかかりやすくなるので注意しましょう。また、白い綿のようなものが付いていたら、アブラムシの一種なので早めに対処します

 

 

 

友達を追加