Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

ライラック

  • 学名 Syringa vulgaris
  • モクセイ科 ハシドイ属
  • 落葉性 低〜高木
  • 開花期 4〜5月

ライラックはヨーロッパ生まれの落葉花木です。
枝の先端に、甘い香りのする、小さな紫色の花が集まって咲き、穂のようになります。
寒さには強く、高温多湿の環境が苦手ですが、暑さにも耐える品種も作られ、関東地域などでも栽培できるようになっています。

別名はフランス語でリラ、和名はムラサキハシドイなどと言います。
品種は白色、紫色の花のもののほか、桃色、赤紫色、藤色、花弁に斑が入ったもの、八重咲きのもの、小型のものなどがあります。
有機質に富み、水はけの良い土を好むので、植え穴には腐葉土と堆肥を十分に混ぜておきます。
花をつけ過ぎると翌年の花が少なくなるので、多い年には、開花前に減らしてください。

  • ライラック

    ライラック

管理方法・お手入れ

■日当たり

日当たりがよく、風通しの良い場所が適しています。

 

■水やり

庭植えなど地植えの場合、ほとんど水やりの必要はありません。ただし、関東地方から東海地方では、真夏は朝に水やりをします。水はけのよい土壌であることが必要です。鉢植えの場合も同じです。

 

■剪定

確実に花を楽しむには、できるだけ剪定をしない方が無難です。スペースに制限がある場合は、はみ出した部分をや込み合った部分を、枝の分かれ目や付け根の部分から切り除き、コンパクトにします。根元からひこばえが多く発生します。ひこばえは、枯れた枝から取り除き、からみ合う部分は透かすように切りますが、ある程度残しておいた方が自然な感じに仕上がります。スペースがあれば、できるだけ枝を横に伸ばして、株の内部に日が当たるように形を整えます。コンパクトにする剪定は花後すぐに行い、冬に不要な枝などを取り除く剪定をして整えます。

 

■肥料

3月ごろと6月に、株の周囲に溝を掘り、鶏ふん、骨粉、油かすなどを施します。鉢植えの施肥は、緩効性化成肥料を土に埋め込みます。

 

■病害虫

新梢を食うテッポウムシに注意。 虫のふんを見つけたら、虫穴を探し、モスピランなどを注入し、粘土などで穴を塞いで退治します。

友達を追加