Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

エンゼルストランペット

  • 学名 Brugmansia
  • ナス科キダチチョウセンアサガオ属
  • 常緑中〜高木
  • 開花期 7〜10月

原産地は南アメリカでナス科キダチチョウセンアサガオ属の低木です。
樹高は3mほどになります。
植物体全体にアルカロイドを含む毒があり、扱いに注意が必要です。
タネを食べたり、汁が目や口に入らないように気をつけましょう。
大きなトランペット状の花が下向きに咲き、存在感があります。
花色は白色のほか、黄色、ピンクやオレンジの種類もあります。
花は夕方に開き始め、夜間を中心に強い芳香を発します。
霜が頻繁に降りる地域では、寒くなる前に掘り上げて温室などへうつします。
多少なら霜に当たって葉が枯れても、春には目が出ます。
霜の心配のない暖地では、そのまま戸外で冬越し可能です。

  • エンゼルストランペット

    エンゼルストランペット

管理方法・お手入れ

■日当たり

日光がよく当たる場所を好みます。庭植えにする場合は強風で傷みやすいので、風当たりの弱い場所を選ぶと良いです。

 

■水やり

庭植えの場合は、ほとんど降雨のみで大丈夫ですが夏場に乾燥が続いた時には水やりをして下さい。鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。夏場は朝夕の水やりが必要になります。

 

■剪定

花が終わったら、伸びすぎてバランスの悪くなった枝を剪定して樹形を整えます。冬を越して春になったら、枯れた枝などを切り取って下さい。

 

■肥料

庭植え、鉢植えともに、春から秋にかけて、緩効性肥料の置き肥を月に1回程度、施します。多数の花を咲かせるためには、肥料が必要です。肥料が切れると開花に影響するので、生育期間中は肥料を切らさないように注意します。

 

■病害虫

アブラムシ、ハダニ、コガネムシに葉を食害されるので注意します。

友達を追加