Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

庭木・植栽データベース

ヒペリカム

  • オトギリソウ科オトギリソウ属
  • 半常緑低木
  • 開花期6〜7月

ヒペリカムはオトリギリソウ科の低木です。草丈は20cm〜1mほどでそれほど大きくならならず育てやすい植物です。かわいらしい実が特徴で、赤やピンク、グリーンにイエローといった丸くて愛らしい実が10月〜11月の秋にたくさんなります。上向きになる様子が花のようでもありとても美しく実ります。園芸植物として古くから栽培されているのは、中国原産のキンシバイやビョウヤナギです。近年ではそれらに加え、海外から新しい品種が栽培されるようになり、これらを総して「ヒペリカム」の名前で呼ばれるようになりました。花の大きさは品種によって異なりますが、いずれも鮮やかな黄色の花を咲かせます。

ヒペリカムの仲間は、ユーラシア大陸の温帯から亜熱帯の地域を中心に約300種が分布しています。かわいい実が印象的なために最近はブライダルブーケやお祝いの花束にもよく入れられることがあります。実の印象が秋の雰囲気もあり、切り花として使うのもいいでしょう。クリスマスリースにも赤い実などがアクセントになります。中には白い実もあってリースなどにしてみるのもおすすめです。

  • ヒペリカム

    ヒペリカム

管理方法・お手入れ

●日当たり

日当たりがよい場所に植えます。半日陰でも育ちますが、日照時間が少ないと花付きが悪くなってしまいます。斑入りの品種は、直射日光に当たると、葉色が悪くなります。また長く乾燥した状態が続くと、茶色く枯れてしまうので、注意しましょう

 

●水やり

鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。地植えは、降雨だけでも育ちます。しかし、乾燥すると枯れてしまうので、夏の暑い日が続いたときは、朝か夕方に水やりをしてください

 

●剪定

ヒペリカムは新芽が伸びる3月か、花が咲き終わった9~10月頃に樹形を整えるために茎を切り取ります。伸びすぎている枝を付け根から切り取ってしまいましょう。大きくしたくないときは、3月に株元から20~30cmのところでバッサリと切り落とします

 

●肥料

植え付けるときに、緩効性肥料を土に混ぜます。9月中旬~10月と3月に、植え付け時と同じ肥料を与えるか、油かすを1握り施します。肥料を与えすぎると肥料焼けをおこしますので注意が必要です

 

●害虫

カイガラムシがヒペリカムに最も付きやすい害虫です。成虫は体の回りが硬い殻で覆われており、薬が効きづらい性質をもっています。幼虫のうちに見つけて、薬剤を散布して駆除していきましょう。成虫は、少数なら1匹ずつブラシを使って株から取り除きます

友達を追加