Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

ガーデンセラピー

2021.03.18

自家製ハーブをスキンケアに  ~大好きなハーブの利用法~

Comment 0

今年は寒いのか暖かいのかよくわかりませんが、厚手の上着を着ないといけない日でも畑に行くと春が来たことを野菜たちが教えてくれます。

夏に植えたジャーマンカモミールは秋にたくさん花を楽しませてくれて、しっかり冬を越してこの春に花が咲いてきました。

アブラムシを食べてくれるてんとう虫もたくさんカモミールに集まってくれています。

これからがハーブも野菜もどんどん育つ季節になるので、植えるスペースやタイミングをパズルをはめるように考える時間がとても幸せでワクワクします。

 

畑を始めたきっかけになった「ホーリーバジル」はもう少し暖かくならないと発芽しないので、シーズン以外は乾燥させた葉っぱやお花をお茶にして飲んだり、お茶パックに入れてお風呂に入れて香りや効能を楽しんでいます。

今回は今まで使っていたボディクリームがなくなったので、初めてボディや手につけるハーブミルクを作ってみました。

 

まずはベースになるチンキづくりです。

 

チンキはハーブや野草などを度数の高いアルコールやエタノールにつけて成分を抽出するものです。

アルコールで作ったチンキは、うがい薬にしたり紅茶などに入れて飲んだりもできますが、私はお酒をあまり飲まないのでお風呂に数滴入れたりして楽しんでいました。

余談ですが、ひどい虫刺されになった時に知り合いの方からいただいたビワのチンキでかゆみと赤みがスッとなくなったので、それからチンキ信者になったのです(笑)

 

【ハーブチンキの材料】

 

・お好きなハーブ(乾燥又は生)※今回のミルクに使用したのは生のホーリーバジルで作ったもの

・ホワイトリカー、ウオッカ、無水エタノール(これを使うと飲めません)

・消毒した瓶

 

作り方は簡単で、瓶の半分までハーブなどを入れて、しっかりハーブが隠れるまでアルコール又はエタノールを注ぎます。

2週間くらいして(私はもっと放置してました)液の色か変わるくらい成分が抽出できたら、ザルとコーヒーフィルター(又はキッチンペーパー)で濾して日の当たらないところで保管しました。

【ハーブミルクの材料】

※これからどんどん改良していく予定です。あくまで本やネットを参考にした自己流の覚書です。

 

・チンキ  15ml~18ml

・ワセリン 15g

・精製水 50ml

・乳化ワックス 5g

 

☆つくりかた☆

①チンキとワセリンを入れて湯煎にかけ良く混ぜる

②ワセリンと混ざったら乳化ワックスを入れて良く混ぜながら溶かす

③精製水を少しずつ入れてミニ泡だて器で良く混ぜる

④湯煎から外し、泡だて器でかき混ぜる

⑤冷えてくる様子を見ながら間に何度かかき混ぜる

ホイップクリームを泡立てるように良く混ぜたらふわふわになりました。

次の日からは、チンキが少し分離していたので瓶を振ってよく混ぜてから使っています。

保存剤を入れていないので冷蔵庫などに入れて2週間を目安に早めに使い切ります。

 

使い心地はさらっとしていますが、後でしっとりする感じです。そしてふんわりホーリーの香りがします♪

無駄に手のひらを匂いだりして癒されています。これもセラピー効果ですよね(笑)

今年はホーリーバジルエリアを拡大する予定で、去年よりもっといろんなものに加工してハーブのある暮らしを楽しんでいきたいなと思っています。

 

 

 

 

塩見  奈津子さん プロフィール

京都府城陽市生まれ

結婚を機に滋賀で暮らしています。

 

もの作りが好きで食べることやはもちろん、どんなものでも自分でつくってみたいと好奇心旺盛。

 

昨年、心臓の病気とコロナ自粛がいいきっかけとなって、自宅にいて家族と過ごす時間が多くなり身体の声を聴きながら自分に合った食べ物を感謝していただくこと、季節ごとにていねいに暮らす大切さをあらためて感じることができました。

そんな私の暮らしの中で普段やっていることや感じたこと、面白いと思ったことをお届けしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

■資格

・調理師免許

・ジャパンホームベーキングスクール(JHBS) 師範

・S&B(エスビー)スパイス&ハーブ検定 3級

・日本野菜ソムリエ協会 野菜ソムリエ

・ただいま中医薬膳師取得のため勉強中

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です