Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

ガーデンセラピー

2020.09.15

クレオパトラが愛した野菜「モロヘイヤ」~畑のお野菜編~

Comment 0

6月から畑を始めましたが、畑=大変で難しいというイメージでお花を枯らす名人の自分にできるとは到底思えませんでした。

※幸福の木も何本枯らしたかわかりません・・・この名前何とかして~~と何度思ったことか。

そんな私でもできる畑ライフやそのお野菜が身体にもたらすパワーについてもこれから少しずつお話させていただきます。

お野菜にはいろんな個性がありますが、植えてすぐから今まで毎日収穫できるものが1種類だけあります。
それは「モロヘイヤ」です。育てるのもとっても簡単♪モロヘイヤ苗1ポットを畝に植えました。すぐに大きくなってきたので1株を半分に分けて植え替えました。

画像① (モロヘイヤ)

このくらい大きくなったら、若葉を摘んでお味噌汁やスープなどに。

柔らかい葉っぱのうちに摘んであげることで食べやすいし、どんどん枝が横に広がってくれて一石二鳥です♡

画像 ②(モロヘイヤ苗)

毎日採れるしおいしいので(そしてさすがに毎日は飽きた時期もあり)

「モロヘイヤあげよっか。」と何人かの友達に聞いてみましたが半分以上の人が

「食べたことないからいらない・・かな」「どんな味?」「どうやって食べるの?」と。

 

モロヘイヤは食物繊維も多く、身体をさび付かせない抗酸化作用・アンチエイジング効果・感染症に負けないように免疫力をあげるβカロテン、視力に良いルテイン、代謝アップのビタミンBといった栄養素がとっても多く含まれて癖がないんです。

まさに植物の力を最大限に身体に取り入れられるスーパーベジタブル!!

 

食べ方はまずは簡単に湯がいておひたしに。

その湯がいたモロヘイヤを卵液に入れたらモロヘイヤの粘り気でふんわりした卵焼きも作れるし、お好み焼きに入れても長芋みたいにふんわりトロンとなります♪

画像 ③(モロヘイヤおひたし)

応用編は湯がいてカットしたモロヘイヤとひたひたの水を加えてミキサーやフードプロセッサ―に入れれば基本のモロヘイヤペーストができます。

それを使って、仕込み水に加えたらふわふわモロヘイヤパン

画像 ④(モロヘイヤのパン)
画像 ⑤(モロヘイヤのパン 2種)

豆乳やお砂糖、卵と混ぜておいしいシャーベットにもなります。(詳しいレシピをお知りになりたい方がいらっしゃれば順次アップしていきます)

画像 ⑥(モロヘイヤ シャーベット)

自分の身体をつくる食べ物を自分の手で育ててみる。

でも、頑張りすぎず病気に負けない身体をつくるガーデンセラピーをこれからも楽しみます。

 

シャーベット レシピはこちら

 

 

塩見 奈津子さん プロフィール

 

プロフィール写真

 

京都府城陽市生まれ

結婚を機に滋賀で暮らしています。

 

もの作りが好きで食べることはもちろん、どんなものでも自分でつくってみたいと好奇心旺盛。

パンは25年くらい習い続けていて自宅でパン教室をしたりイベントやケータリングで焼かせていただいたりもしています。

昨年、心臓の病気とコロナ自粛がいいきっかけとなって自宅にいて家族と過ごす時間が多くなり身体の声を

聴きながら自分に合った食べ物を感謝していただくこと季節ごとにていねいに暮らす大切さをあらためて

感じることができました。

そんな私の暮らしの中で普段やっていることや感じたこと、面白いと思ったことをお届けしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

■資格

・調理師免許

・ジャパンホームベーキングスクール(JHBS) 師範

・S&B(エスビー)スパイス&ハーブ検定 3級

・日本野菜ソムリエ協会 野菜ソムリエ

・ただいま中医薬膳師取得のため勉強中

 

Instagramはこちら

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です