Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

犬庭コラム

2019.03.04

関心が高まるドッグガーデンの利便性

Comment 0

ドッグガーデン作りは専門業者への委託が最良の選択

厚生労働省がまとめた狂犬病予防法の規定に基づいて、

 

原簿に登録されている2017年度の犬の登録数は6,326,082頭、

 

宇治市を含む京都府の登録数は120,967頭に達しています。

 

犬は単なるペットではなく、大切な家族の一員と考える人も少なくありません。

 

犬にとって、快適で優しい環境を買い主側がきちんと提供していくことが大切です。

 

犬は生き物である以上、病気やけがのリスクは常にありますし、

 

精神的なストレスを感じることもあります。

 

飼育する人間の責任として、可能な限り犬にとって健康的で快適な環境を整備してあげましょう。

 

宇治市内の賃貸物件情報を見ると犬を飼育できる物件が多くのサイトに紹介されています。

 

室内飼いでも専門業者であればベストな運動空間を作ってくれます。

 

マイホームが庭付き戸建て住宅であれば、犬にとって最良の環境の庭にしてあげることができます。

 

飼い主側が高齢化すると毎日数回必要な犬の散歩もままならない状態になりかねませんが、

 

犬が快適かつ安全に運動できる庭があればそうした問題も解決することが可能です。

 

庭で自由に飛び跳ねる犬を見て至福の時間を過ごしたいという人も多くいます。

 

他にも庭木が多いために管理が大変であるとか、

 

塀や柵が低いために犬を庭で遊ばせたくても道路に飛び出しそうで怖いといった問題を抱えていることもあります。

 

犬のための庭造りをコンセプトに、犬も人も幸福感を味わえるドッグガーデンに対する関心が急速に高まっているのは、

 

こうしたニーズが背景にあります。

 

しかし素人の日曜大工では十分な効果が期待できないだけでなく、

 

逆に危険な状態になりかねません。

 

犬にとっても最適で、飼育する側も幸福感を感じるドッグガーデン作りは、

 

専門知識を持つスタッフを抱え、豊富な実績を持つ専門業者に委託するのが最良の選択です。

 

 

犬のためのガーデン作りに不可欠な三要素

宇治市ではドッグガーデン作りに長けた専門業者が存在しています。

 

宇治市では庭付きマイホームで犬を飼っている人が犬にとって快適で健康を維持できる庭を造る際に、

 

大事なサポーターとなっています。

 

犬も人も幸福感を共有できるドッグガーデン作りは素人では難しいので、

 

専門業者に委託するのが賢明です。

 

ただ、丸投げするのではなく最低三点については専門業者と買い主側とがコミュニケーションを取り、

 

その家と犬にマッチしたドッグガーデンの設計を進めることが大切です。

 

第一に天候対策です。

 

宇治市は冬場は氷点下、夏は30度を超えることもありますが、

 

特に犬は夏場にバテやすいので日よけ対策が重要です。

 

葉が多い樹木を1本植えておくだけでも犬にとって快適な木陰ができます。

 

風雨対策も必要です。

 

第二に庭に敷き詰める素材の選択です。

 

通常のコンクリートでは夏は暑すぎますし冬は冷たくなります。

 

デザインが良くても滑りやすい素材は避けるべきです。

 

消臭機能がある木材チップは推奨されています。

 

防虫効果や殺菌効果も期待できるので、犬にとっても健康的な環境が整うようになります。

 

最も大切なのは犬が道路に飛び出さないような防護柵です。

 

犬は賢いので人間の予測できない登り方で柵を乗り越えることがあります。

 

高くすればよいというものではなく、犬の生態や能力を把握した設計が必須です。

 

そのため、ドッグガーデンの専門業者にしっかりアドバイスをしてもらうことが大切な犬の命を守ることにつながります。

 

他にも考えるべき事項はありますが、最低でもこの三点は忘れてはならない要素です。

 

 

犬にとって危険な植物にも精通する専門業者

改正動物愛護法が2013年に施行され動物の終生飼養責任が明記されましたが、

 

京都府宇治市の公式サイトには、

 

この法律にのっとり犬を家族の一員として終生愛情をもって育てるよう呼びかけています。

 

こうした宇治市の啓発に呼応するように、市内の戸建て住宅に住む愛犬家らを中心に、

 

犬の健康や快適性を考慮したドッグガーデンが話題を呼んでいます。

 

愛犬家は強い日差しや低温から犬を守る庭を造り、

 

犬が敷地外に飛び出さない安全な柵を作りたいと考えることもあるでしょう。

 

日曜大工でできる簡単なものではないので、犬の特性を把握したドッグガーデン専門業者に任せるのが適切な選択です。

 

愛玩動物飼養管理士資格を持つスタッフが在籍している業者であれば、

 

関係法令を熟知しており、

 

犬などのペットの習性や正しい飼育法をマスターしているので最適なドッグガーデンを設計することが可能です。

 

ドッグガーデンを考える際には犬が大喜びするドッグランやプール、

 

楽しい水飲み場づくりなどに飼い主の気持ちが傾きがちです。

 

確かにアジリティスラロームやアジリティレンガブロックなどは犬を活動的にします。

 

健康的な体に育てる上で役に立ちますので、ドッグガーデンには必須ともいえます。

 

犬の健康と安全を守るという観点では、庭に植えてはいけない植物について知っておく必要があります。

 

犬にとってタマネギが有害であることはある程度知られていますが、

 

チューリップ、アマリリス、アジサイも犬には有害です。

 

危険な植物を絶対に植えない知識と冷静な判断、

 

フィラリア感染の元凶となる蚊が寄ってこないような床材の採用など、

 

専門的な知識を持つドッグガーデン専門業者は愛犬の命を守るパートナーとなります。

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です