Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

お庭のコラム

2018.11.28

~農家レストラン&野草バー~

Comment 0

~農家レストラン&野草バー~

こんにちは総務担当の大浦です♪

 

空気が冷え、夜のとばりに京都タワーのシルエットが映える季節がやってきました❤︎

 

さて、前回に続きリノベーション話が続きます(笑)

 

今回は、田畑と山に囲まれた小さな農機具小屋を食堂や、バーにリノベーションしたお話です。

場所は兵庫県三田市藍本の農村集落です。

 

古きをたずねて新きを知る。何もないところにある豊かさを感じる場所です(๑・̑◡・̑๑)

 

まずは、出してくださったお料理を何点かご紹介いたします。

左(ダッチオーブンを薪ストーブに乗せて作ったポトフ。水と材料だけで作った正当派ポトフです。前の畑で収穫したばかりのポアロネギをトッピングしていただきました。)

 

右(丹波篠山のぷっくり太った黒豆を生地に練りこんだパン。フワフワでほんのり甘いやさしいパン。)

左(畑で摘んだバジルをトッピングしたピザ)

 

右(野草サラダ)

#地産地消、#ガーデンファーム、この土地ならではのお料理にこだわって作っているとのことでした♪

 

滋味深いとはこのことだと思いました。

 

そして、もっとビックリしたのがこれです。

 

食堂とは別棟の、外見は錆びたトタン張りの小屋。今にも倒れそう(*≧∀≦*)

 

しかし中に入ると、ご覧の通り、、、、

トタン張りの屋根は隙間だらけですが、薪ストーブと空調設備で保温。

 

むしろ、”スキマ”が自然の換気口になっています。

 

名づけて野草バー!!

 

壁面には農機具をディスプレーしているところにオーナーさんのセンスが光ります。

 

アンティークショップでは、うん万円と値段の付いている代物ばかりでした。

 

訪ねた日は、一ヶ月に1度のご近所さんのお招きの日でもあったようです。

 

このレストランが、農村のコミュニティーの場にもなりつつありました。

 

美味しさと、自然に囲まれての穏やかな時間は心身ともに満たされます♪

 

このレストランは弊社のビジョンであります、”お庭時間プロデューサを目指す”につながるところがあるようにも思いました。

 

“庭”=”田畑や山”  ”家”=”食堂”  そこにいて、安らぐ場所は、Happyになれますよね❤︎

 

帰る頃になると、あたりはもう真っ暗になっていました。

 

日が昇り日が沈み、どの時間も周りの景色はとてもきれいでした。

 

体内時計もしっかり働いてくれているように思いました。

 

お庭つくりに携わっている私たちは、季節や毎日の刻む時間を感じることができるお庭を提供できたらと思っています。

 

それが、時代の最先端のお庭作りではないかと考えました。

 

時代の最先端の”お庭時間プロデューサーー”を目指したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です