Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

お庭のコラム

2018.06.25

料金を予算内に収め、メンテナンスしやすい庭作りを実現する

Comment 0

家の中だけではなく庭のリフォームも必要

家族構成が変わったり高齢者のためにバリアフリー化するなど、家の中のリフォームに関心が高まっていますが、庭のことまでは気にしない人が少なくありません。しかし、庭も家族構成の変化によって使い方も変わってきますし、メンテナンスする人が高齢になると手入れが行き届かなくなる個所も増えていきます。敷地内のメンテナンスが十分にされなくなると、雑草が生えたり野生の動物が出入りするなどして、しだいに荒れた状態となってしまいます。そうなると景観が悪化するだけではなく、住んでいる人がいないと思われたりして、防犯の面でも問題が生じるので注意しなくてはなりません。そのため、家屋と同じように庭に関しても生活スタイルの変化に応じて、リフォームすることを検討しましょう。荒れた状態では足を踏み入れるのも躊躇われますが、見た目も良く使いやすい庭にすれば、毎日歩き回るのも苦になりません。新たに花や野菜などを育てれば、毎日が充実します。ガーデニングには、ストレス解消や心身を活性化するなどの効果が期待できますので、家族構成が変わって寂しい思いをしている人や高齢者も挑戦してみると良いでしょう。立派な花を咲かせなくても、土いじりするだけでも良いので、ガーデニングに興味がない人も試してみましょう。
工事して整備するための料金が必要となりますが、予算内に収まるように工事業者と相談して依頼をする必要があります。希望した通りの庭が実現すれば、快適に生活できるようになります。

使いやすようにリフォームすることで生活が充実する

ガーデニングができるような庭にするだけではなく、駐車場を整備したりアプローチを使いやすくすることも可能です。使う車も運転する人の年齢や家族構成に大きく影響を受けて、以前は使いやすかった駐車場も次第に使いづらくなってしまいます。そのまま使っていると、駐車するのに手間取ったり車をぶつけてしまう可能性もあります。アプローチに関しても次第に劣化してしまうこともありますし、急な階段は高齢者には使いにくいものです。敷地内の設備が使いづらいと、家の外に出るのが億劫になって、健康を損ねる原因ともなります。このような問題点も、敷地内の庭を整備することで使いやすくすることができます。生活している人の要望に応じた内容に改良しますから、より使いやすい環境が実現します。
庭のリフォームをする場合は、まず現在の状況を見直し、何が問題で不満となっているのかを明確にして、どのような庭にしたいのか具体的なイメージを固めることが大切です。整備する設備のサイズや素材などを検討する共に、どのような花が育てたいか、庭に置きたいものやメンテナンスのしやすさなども考えてみましょう。もしも、具体的なイメージが湧かないようでしたら、庭作りに関する本を読んだり近くの住宅を参考にしましょう。少しでも良いと思えるものがあれば、詳しく調べてみたり自分の庭に実現する場合はどのようにすれば良いかを考えれば、具体的なイメージを作る手助けとなります。ただし、あまり無理に構成を考えようとせず、リフォーム料金のことなども考慮しつつ、余裕を持って検討することが大切です。

業者に依頼して工事が完了するまでの流れ

どのように庭をリフォームするのか、ある程度イメージが固まった段階で業者に連絡しましょう。どのような庭にするかを業者と話し合ってから、実際の環境や敷地条件などを調べるための現地調査が行われます。現地調査では、日当りや隣地との関係、土質、土はけなども確認されて、具体的なプランが作成されます。プランは平面図、立面図、完成イメージなどの図面を使って業者から説明されますので、納得できるものか判断しましょう。提案してくれたものだからと満足できない内容で契約してしまうと後で困ることになりますから、改良してもらいたい個所がある場合はきちんと修正をお願いすることが大切です。しっかりと説明すれば業者側も納得して対応してくれますから、提案内容を十分に確認しましょう。見積もりに関しても総合的な料金を確かめるだけではなく、どのような費用が発生しているのか調べておく必要があります。不要なものがあったり良く分からないものがあった場合は、業者に説明してもらうようにしましょう。契約した後に不要なものがあったと分かっても内容を変更するのは難しいので、契約前に内容を十分に確かめておく必要があります。
プランや見積もりの内容で納得のできる状態になったら、契約を結んで工事が行われます。工事中は生活に支障が出る可能性もありますので、できるだけ影響がでない時期に工事をしてもらいましょう。工事が完了したら、使い方やメンテナンス方法などを詳しく聞くことが重要です。新しい設備でも適切に使用しないと劣化してしまう恐れがありますので、疑問点が残らないように実際に使い方を教えてもらうようにしましょう。

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です