Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

ガーデンセラピー

2021.04.03

よもぎのすすめ

Comment 0

皆様こんにちは。野草マイスターの土肥律夫です。
すっかり春らしくなり、いろんな野草達が芽吹く季節となりました。春の野草はとってもパワフルで美味しい!   いろいろおすすめもあるのですが今回はずばり、スーパーハーブ ヨモギです。ヨモギといえば皆様よくご存知だと思いますが、本当に本当に潜在能力の高い植物なのです!1年で1番ヨモギが美味しい季節なのでヨモギのいろんな活用法、効能などをお伝えしたいと思います。

 

皆さんはヨモギといえば何を思い浮かべますか?
ヨモギ餅、天ぷら、草木染め、ヨモギ蒸し、ヨモギオイル、ヨモギ酒などなどいろんな用途があります。

ガーデンセラピーとは、住まいに植物を取り入れ、日常的にさまざまなカタチで自然と接することにより、健康な暮らしと健康寿命の増進を実現する療法です。ガーデンセラピーを取り入れていくことで、五感を刺激し、脳を活性化させることができます。そして自己治癒力を高めていき病気にかかりにくい心身づくりを行い、健康寿命を伸ばし幸せな暮らしをつくること。さらに生活習慣を見直し、心身共に豊かな住まい方、ライフスタイルをつくりあげていくことを目指します。

ヨモギを摘んできて生活に取り入れるということは、ガーデンセラピーの森林療法、食事療法、芳香療法に当てはまります。

 

【森林療法】
森の中を歩くことで健全な体の維持や回復、精神的な快適性向上を目指す療法。ドイツでは早くから取り組まれ、健康保険の適用も行われています。

 

【食事療法】
広義には食事の量や成分バランスの調節により健康管理を行うことを食事療法といいますが、ガーデンセラピーでは庭で野菜やハーブを育てて食事に用います。また庭での食事も療養の一つで、場の雰囲気が身体に大きな影響を与えることがわかってきています。

 

【芳香療法】
花や草木などが放つ香りを利用して病気や怪我の予防、治療、健康増進、精神的な癒やしなどをはかる療法です。

春のヨモギはパワフルで美味しいのです。

 

 

ヨモギは古くは万葉集にも登場するほど昔から人々の生活に取り入れられています。海外でも古くから薬草として扱われ、日本でも沖縄ではフーチバーと呼ばれ万病の薬と言われてきました。アイヌでは、地上に最初に生えた草と言われ魔除けに使われており、神の草、霊草として大切にされてきました。
この時期のヨモギは大変柔らかく美味しいのでどんどん外に出てヨモギを摘みましょう!
ヨモギの栄養や滋養はものすごく、料理にしたりお茶にして活用することにより、貧血、冷え性、皮膚のトラブル、子宮の病気などにもうれしい効果が期待できます。
また、ヨモギのお風呂に入り、食生活を改善することによりアトピー性皮膚炎を克服したという話もあります。
また、ヨモギの止血効果がすごいこともよく知られています。怪我をした時に生のヨモギを手で揉んで傷口に当てておくとものすごく効くそうです。

 

 

【ヨモギの効能】
浄血 、増血作用 、デトックス作用 、腸内環境の改善 、便秘 、コレステロール値の改善 、貧血の予防 、体を温める 、リラックス、 安眠、 血管の拡張 、新陳代謝の促進、冷え性の改善 、アロマ効果、 肌や髪の粘膜の健康維持 、口臭を抑える、 白血病の細胞を殺す、 副鼻腔炎の治癒 、湿疹、 痔、 喘息、 血尿、 神経痛 、腰痛 、月経調整

 

どうですか皆様!  いいことだらけのスーパーハーブ ヨモギ。
この効能で見逃してはいけないのが血管の拡張です。血管の拡張とだけ言われてもピンとこないと思いますが、この血管の拡張、実はすごいことなんです。血管が拡張すると血流が増加します。つまり体温が上がります。体温が上がるということは、免疫力もアップします。このコロナ禍においてこの作用を見逃すのはもったいなさ過ぎます。人間の体は体温が一度下がると免疫力が30%低下するといわれています。体温が低い為にいろんな体の不具合が出ている人がたくさんいます。ヨモギ風呂や足湯、ヨモギ蒸しなどで体を温めるのは大変理にかなった事なのです。
他にも、葛、シナモンなども血管の拡張作用があります。

 

ぼくはこのようなヨモギのサシェを枕元に置いています。とてもリラックスできて、ぐっすり眠ることができます。

ヨモギで染めた布。とてもいい色です。

3年もののヨモギ酒

ヨモギのシャビーな草輪

ヨモギ風呂

 

 

 

このようにさまざまなカタチで活用できます。
ぼくもよく、野草入浴剤のワークショップを開催しておりますが、ヨモギはマストアイテムです。

ヨモギだけのお風呂も大変おすすめです。
乾燥したヨモギを洗濯ネットに70〜100gほど入れて、浴槽に入れるだけ!

6時間以上入れる方がいいです。それか大きな鍋でグツグツ煮出してお風呂に入れるのもOK。

塩化ナトリウムではない海の塩を入れるのもベターです。
あとは、せっかく春の1番美味しい季節なので、ヨモギ餅、ヨモギうどん、天ぷらなどなど季節を楽しみましょう!

 

注意 ☚☚
ヨモギを摘む時は除草剤が撒かれていない場所を探し、私有地に入らないようにしましょう。また、次も生えてきてくれる為に根っこを残して摘みましょう。

土肥 律夫さん プロフィール

大阪生まれ大阪育ち。
中学生の頃から30年サーフィンを通じて自然に癒やされてきましたが、体の故障によりドクターストップ。癒やしを山に求めるようになり、植物の癒やし効果を体感。
ちょうどその頃、野草の師匠 小釣陽代さんとの出会い。
NPO法人E&Wラボ 酵素と野草研究所にて野草を学ぶ。
ポートピアホテル文化講座 野草入浴剤作り 講師

 

野草入浴剤、野草リース教室他、いろいろ野草に関するワークショップも開催しております。

お気軽にお問い合わせください!

 

◆季節の野草茶は こちら

 

◆大阪北堀江 フェアトレードショップ

 

パモジャは こちらへ

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です