Loading
来店予約
お問い合わせ
Top

お庭のコラム

2020.06.15

7月のお庭仕事♪

Comment 0

〜7月のお庭、植物のお手入れについて〜

 

こんにちは♪ガーデンエレガンス小倉店店長、田崎大です。

今月から皆様からよくお問い合わせをいただく、月ごとのお庭や庭木のお手入れについて、よりお庭時間を楽しく過ごしていただくため、少しですが役立つ情報を配信していきたいと思います♪

是非参考にしてくださいね♪

 

 

7月ってどんな月?

庭木や植物にとって7月は暑さ、湿気と厳しい月。

ちょっとしたコツで対策を行いましょう♪

 

7月の水やり

庭木や植木は、草花や鉢植えと違って深く根をはっています。

少量の水を毎日やると、かえって水分を吸収する細根は水を求めて地表近くで伸び、乾燥に弱くなるため、毎日水をやらずに1週間に一度土の中まで深く水が浸透するように水やりを行います。

株元に土手のように土を盛って「水鉢」を作り水たまりができるようにするとベスト。

保水性を高めるために、堆肥や腐葉土を土に混ぜ込むのも良いでしょう。

 

7月のお手入れ

ツツジ類:花が終わりましたら速やかに刈り込みを。

花芽は6月下旬頃から形成されますので7月以降は樹形を乱す飛び枝を深く切る程度にとどめます。

マイマイガ、ルリチューレンジハバチ、オビカレハ、クスサンなど大量の害虫が発生することも。

早期に発見して幼虫の小さいうちに捕殺します。大きくなった幼虫は農薬が効きにくく、被害が大きくなります。

 

梅雨期はさし木の適期でもあり、ツツジ類も非常によく発根します。

緑枝ざしと言って、今年伸びた部分を鹿沼土にさしつけて表面が乾いてきたら灌水します。

 

マツのみどり摘み:今の時期だとロウソク(新葉)は相当開いているかもしれません。しかし、樹勢を抑えて間延びした枝を作らないためや、

通風を良くするためにも早急に実施します。

カシ類やイヌマキなどの常緑樹は新梢が固まってくるこの時期に刈り込んでください。

 

 

 

皆様からのご感想、コメントお待ちしております♪

・名前欄はニックネームでOK

・メールアドレスは公開されません

・ウェブサイト欄は入力不要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です